Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




<< 著書発行後の怒濤の露出 | main | ブログ移設のお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
どうなるんだろうか

コロナの感染者数がどんどん増えている。

困った。今後どのような動きになるのだろうか。

また緊急事態宣言や、外出自粛や休校なんていうことに、なるのだろうか。

そうならないで、この流行を抑えることができるのだろうか。

 

 

娘No.3のバレエの発表会が近づいている。

 

もともとは7/23だった。オリンピックの開会式の日だ。

けれど4月5月にコロナが大流行し、緊急事態宣言が出て

バレエのレッスンは自宅でのオンラインレッスンになった。

本来なら、発表会の演目の仕上げに入る時期だし

娘は男性ダンサーの指導を受けたりするはずだったのだが

先が全く見えなくなった。

 

男性ダンサーは東京などから呼んでいるので、来られなくなり

たとえ発表会ができても男性との踊りは不可能になった。

そもそも、自粛期間が(当時は)いつまで続くかわからず

6月いっぱいくらいまでレッスンができない状況となったら

残り1ヶ月で舞台で発表できるレベルに仕上げるのは無理なので

(大きい子はそれなりにできても、幼稚園児や小学生には無理)

発表会自体 開催不可能になる。

 

先生はそれでもあきらめずに、ギリギリまでホールの予約は動かさずにいた。

レッスンも、緊急事態宣言も解けたので

6月の後半からは少しずつ少人数で、スタジオでのレッスンを再開した。

しかしさすがに7/23は無理そうだということで、8月に取り直した。

取り直した頃には、感染者数がだいぶ収まって来ていたのだ。

秋冬になると第2波が来るかもしれないので、なるべく早めにやってしまおうということで、

踊りをなんとか仕上げられるギリギリの近い日にちを選んだ。

仕上げる時間が十分ではなく、質は落ちるかもしれないが、

これまで頑張ってきたことをなんとか発表させたい、という熱意からである。

 

 

 

一番最初は、人が集まることさえできず、ホールも使用禁止だった。

その後、使えることになったが、

舞台には20人まで、客席は100人まで(キャパの1/6)と言われた。

 

そのうち緩和されてきて、舞台にも全員上がれるし

観客は300人までとなった。

 

最初は親だけ見られればと思っていたが

これで祖父母や、ごく親しい人くらいまでなら呼べそうだ、ということになり

私たちはチケットや簡単なパンフレットを作成した。

衣装もそのままレンタルし、舞台装置も簡素ながら準備することになった。

感染対策をじゅうぶんに取って、なんとか開催しよう。

例年の半分くらいの規模になってしまったが、それでも心に残るものを創ろう、と

先生を筆頭に、生徒も保護者も発表会を目指した。

 

なんといっても、高3のうちの娘にとっては、卒業公演なのである。

13年通ったこのバレエスタジオでの、最後の発表会となる。

 

 

ところが。コロナ感染者が増えてきて、社会的にも不安な雰囲気が漂いだした。

いつ「ホール使用禁止」と言われてもおかしくないような事態だ。

 

昨日は衣装が届いた。

衣装をつけて子ども達はみんな満面の笑みで踊っていた。

そして今日は、ある施設の広い部屋を借りてリハーサルをした。

衣装をつけ、メイクをして、全部を通してみた。

内容も簡素で、正直仕上がりも不十分であるが、

子ども達は一生懸命踊った。もちろんうちの娘も。

 

 

なんとか発表会を開催させてやりたい。

ここまで作り上げ、練習を重ねてきたものを、舞台で発表させてやりたい。

 

頼むから、頼むから行政は、

3月の休校措置みたいな急で過激な通達を出すのはやめてくれ。

そしてどうか、コロナの感染を拡げるような行動は慎んでくれよ皆さん!!

 

 

うちの娘は、チェコの留学の話も保留のまま。

発表会もこんな状態でビクビクだ。

 

そんな中、とりあえず大学受験を目指すと言って、勉強を頑張っている。

 

本当なら、夏までにいろいろなバレエのことに挑戦させてやりたかった。

留学もそうだし、発表会もそう。

ワークショップやオーディションもあれば受けさせたかった。

そのうえで進路を決心しようと、私も娘も思っていたのに。

 

甲子園だけじゃない。

高校生活の間に、あるいはこの夏に

人生の方向性を決めようと思っていた子は、いろんなジャンルにたくさんいるんだ。

 

 

全部取り上げないでくれ。

せめて発表会は区切りとしてやらせてあげてくれ。

私も娘も、気持ちの整理がつかないよ。

 

 

 

 

| バレエ | 23:47 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - | pookmark |
今晩は。
今年はニュースで甲子園などスポーツ関連の高校生の行事が次々と中止になっていて、三年生は予定していたり希望していた進路に影響大だろうな、と気の毒に思っていました。
NO.3ちゃんも高校三年でしたね!そうですよね、世の中には色々な方面で頑張り、目指している高校三年生がいるのですよね。
短期留学の話を読んでいたときは、未来のプリマにサインをもらっておかなきゃ、と思っていたものです。
NO.3ちゃんも観世さんも不安でしょうし、ご心配ですね…
どうか無事に舞台で踊れて、気持ち的にも少し上向きになれればよいのですが。
| えど | 2020/07/28 6:30 PM |
> えど さま

ありがとうございます〜。
プリマは難しいと思うんですけど(笑)海外には一度行かせたいと思っていたので、本当に楽しみにしていたのです。
このような権利がいただけなくても、お金出してでもどこかに行かせたい、くらいの気持ちでいたのですが
もはや「海外に行けない」という状況、それがいつまで続くかもわからない状況となってしまい、本当にガッカリです。

自慢するようですが、娘は「バレエのいろいろができなくなったのでとりあえず大学受験を頑張る」と言いました。
その言葉、そして実際に勉強を頑張っている姿を見て
まるで「二兎をしとめる」と言ったまっちーのようだと思って嬉しかったです。
レベルは違いますが、気概は我が子ながらすばらしい!
なんとか頑張ってもらいたいものです。
| 観世 | 2020/07/29 11:03 PM |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS