Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




<< 舞台の先行販売のお知らせが・・・ | main | どうなるんだろうか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
著書発行後の怒濤の露出

JUGEMテーマ:町田樹

 

先週あたりまで、怒涛の町田くん週間だった。

 

講演会が延期になってしまったのを埋め合わせるように、

本の出版に合わせてすごい露出だった。

 

 

昨日用事で出かけたら

私が町田ファンだと知っている友人が、毎日新聞をくれたハート

どうもありがとう!

 

 

文章はネットで見たのと同じ内容ではあるが

写真が白黒で落ち着いた感じだし、なんかホッとするな、紙媒体は。

ネット上で赤や黄色に囲まれてカッコつけてる(?)写真を見ると落ち着かない(笑)

私はそういうの求めてないのでw

いや、かっこいいねとは思うけどさ。

 

この新聞の写真みたいな感じで十分です。

 

 

インタビュー動画もいくつも上がりましたねー。

インタビューの中でも、この新聞記事の中でも、

演技を言語化して評価することが大事だと言っている。

映像も大事だけれど、言語での批評も大切。

それはまさに、演劇の劇評や、音楽・映画の批評と同じである。

 

芸術作品は、映像等でそのものを残すことは比較的簡単だ。

しかしそれについて、言語できちんと批評するということによって、

その作品の価値や存在意義、背景、歴史的位置づけ等が成されるのである。

良くも悪くも、評価されて初めて作品は存在意義が確立される。

 

私は一時期、劇評家になりたくて勉強していた。

(中途半端に終わってしまっているが)

つまり、劇評のようなもののフィギュアスケートにおける必要性を

町田くんは説いているわけでしょう?

そう思うと、すごく共感できるし、それはすごく大切で良いことだよね!って思えるなあ。

私も、見た舞台について、

面白いか・好きか嫌いかの感想のみならず、意義や価値について平等に正確に書こうと努力していたからね。

 

劇評も映画評も、老若男女いろんなライターさんがいて

さまざまな批評をしっかりと書いて発表している。

フィギュアスケート作品もそうなればいい。

町田くんが書いた、リッポンの「牧神の午後」評や、

かなクリの「桜」評 (そんな作品タイトルじゃないけどわかってねw) のような作品評を

他にも書ける人がたくさん出てきて

それを発表する場もできて

 

そうなればフィギュアスケート作品は、芸術として記録されていくし

文化的にも成長し根付いていく。

町田くんが「フィギュアスケートを文化に」と言って

それがどういうことかがずっと掴めないでいたんだけれど

ようやく答えというか、方法の一つが、具体的にわかった気がした。

 

気をつけなきゃいけないのは、

熱狂的なファンが多いから、おかしな騒ぎ(批評に対して叩いたり、ライターにおかしなレッテルを貼ったり)を起こすようなことがないように、ということだな。

自分の好き嫌いとは別に

批評は批評としてちゃんと受け止められるよう、

ファンも賢く冷静にならなくちゃいけない。批評眼を養わなければならない。

(それは町田くんも言ってるね)

そうならないと健全な文化に育たない。

 

そう思うと、フィギュアを文化として根付かせるのは、

まだまだ道のりは遠く、難しいことだと感じる。

でもそこへ、町田くんはきっと切り込んでいくんだね。

 

 

博士論文が立派な本になるだけでも、本当にものすごいことだけれど

本人も言っている通り、これは始まりに過ぎない。

この先、大きな「樹」がしげっていくことを、

期待しながら見守ろうと思う。

 

 

 

| 町田樹  | 11:43 | comments(6) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:43 | - | - | pookmark |
観世様

コロナや豪雨で日本中大変ですが、観世様の辺りはご無事でしょうか?
私の方、関東南部は東京、神奈川とコロナが広がっているようですが、
大丈夫です。雨続きで洗濯物が困りますが。

町田さんの写真の載った新聞、私もご近所の方から頂きました。
町田さんの記事はどれも大切にファイルしてます。

今は他の事に集中してて、町田さんの本は未読ですが、
町田さんの言葉はスポーツ界に響いていると思います。
論理的で冷静で慎ましいコメント、
アダム・リッポンの牧神の午後を始め、レジェンドの技を見直して
ジャンプだけがフィギュアでは無い!と益々思うこの頃です。

今年度はグランプリシリーズは無し?
どの国も選手の派遣を躊躇ってるそうな。
でも来年の世界選手権は予定されてるとか。

大丈夫かしら?
代表を決めるのからして難しそうな。
怪我とかしないようにと思います。

( - . - ;)
| たまやん | 2020/07/27 11:04 PM |
> たまやん さま

うちは大丈夫です・・・と言いたいところですが
我が市でも毎日のように新規感染者が(1名ずつですが)出ているような状況です。
今日友人に聞いたところでは、仕事の取引に使っている近所の銀行の行員に感染者が出たということで、銀行が閉まっていたと。
なんだかすぐそこにコロナが近づいている、もうどこにでも感染者はいる、という気分になってきています。
いったいどうなるんでしょう。
先が見えないので本当に困ります。

スケートも、現時点で予定はしていても
来月には、再来月には、予定が変わる、
なんていうこともあり得ると思います・・・。
| 観世 | 2020/07/29 10:38 PM |
この先 大きな「樹」が繁っていくことを期待しながら見守りたい…ほんとそうですね〜。同感です!

大先生の話題ではないんですが…
2017年2月6日の「大先生の進路」のブログのコメントで紹介した まっちーと同い年の男の子の話を覚えておられますか?2015年のカーニバル オン アイスに行く新幹線で知り合い、まっちーのことを紹介して「ティムシェル」の言葉を送ったという…
それから彼は一念発起して通信大学で小学教員の免許を取ったのですが、「この7月から小学校の勤務が始まった」という連絡を今朝 もらいました!!!
観世様にも報告!(^^)

今まで「好きつら党員」として過ごした年月は 私にとって「第2の青春」とも言える心踊るかけがえのない時間でした。楽しかったなぁ〜!ほんとにありがとうございます。また、講演会やアイスショーで皆さんに会うのを楽しみにしています。

若い人の将来を見守ったり、自分が豊かになるためにお出かけするためには まず自分がメンタル&フィジカルともに元気でいなくては!睡眠・栄養・エクササイズ等に気をつけてがんばりまーす。観世様もお元気で〜!(微笑)
| うっちゃん | 2020/08/02 11:24 AM |
> うっちゃん さま

ご紹介いただいて思わず読みに行ってしまいましたよ。
あの時の人がついに一つの夢を叶えたんですね・・・。すばらしい。
それをうっちゃんさんに報告してくるというのが、また素晴らしいですね!
頑張って良い先生になり、やりがいを感じて働いてほしいですね(^ ^)

私もやっぱり年を感じます。
衰えたというよりも、人生の成熟期?ベテラン期?に入ってきているという自覚ですね。もう何も知らない若者みたいにはいられないんだな、という。
新しい段階に入った気がするんですよね。
健康に気をつけて、新しい段階を元気に楽しんで学んで行かなくちゃ、と思っています。
| 観世 | 2020/08/02 12:13 PM |
観世様

町田さんがオンラインでバレエの講義及び振り付け!
毎日新聞のインタビューでしたか、今後振り付けとかは?
って聞かれて一瞬戸惑った表情をされてたのは、
このことが有ったからでしょうか?

来月ですが、好評だとこういうシステムを使って
色々発表するスケーターが増えるかもしれませんね。
それもまた楽しみです。

発表する場が無いとアスリートもアーティストも気の毒です。
お嬢様のバレエもお気の毒です。
せっかく頑張ってらしたのに・・・。

でも今は新たな目標目指して頑張ってらっしゃるとか。
希望が叶えられます様に!
| たまやん | 2020/08/02 10:51 PM |
観世様

九州全域が警戒区域とか。
観世様の地域は勿論、九州及び西日本全域が無事台風をやり過ごせる様
祈ってます。
本当に今年はコロナ、豪雨、猛暑、台風と災難続き。
早く元の穏やかな日々に戻れます様、

| たまやん | 2020/09/06 11:45 PM |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS