Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




<< 戦争を学ぶ8月 | main | TATSUKI vs TETSUYA (いやバーサスではない) >>
PIW広島 ラスト ボレロ から1年

JUGEMテーマ:町田樹

 

昨日は、《ボレロ》ラスト公演の日だったんですね〜。

なんだか、ずっとずっとずっと昔のことのような気がします。

でも、こう言っちゃなんですが、私にとっては埼玉よりも印象深い遠征でした。

なぜだろう、何もかも初めてだったし、ちょうどよくこぢんまりしていたからかな(^ ^)

 

広島、本当に楽しかった。

広島の楽しかった思い出の記事を、貼っておきます。

 

当日のリポート →「8月19日の写真レポ」

 

《ボレロ》の感想 →「私の、最初で最後のBolero」(我ながらけっこういいことを書いてあるw)

 

そして町田くんからの当時のメッセージ →「公式更新「出演を終えて」」

 

 

あの時の熱狂が蘇ります。

なんだか夢を見ていたみたいです。

ムチャクチャ楽しかったなぁ・・・。

今になると悲しいとか淋しい思い出はほとんどない、ひたすら楽しかった。

 

もうこの先二度と、私があんな風に情熱を燃やすことはないだろうな、とさえ思います。

 

あの熱狂さえも、町田くんが演出したもので、まんまと乗せられてしまったような気さえしますね。この広島と、10月の埼玉と。

くそー、タツキめ。感謝しかないぜ!!w

 

| 町田樹  | 09:53 | comments(13) | - | pookmark |
こんにちは

私も 昨日は「1年前には PIW広島に行ったよなぁ〜」と振り返ってました。

何にも目印のない氷の上で目を凝らしてコンパルソリーを滑っていた樹さんの真剣な姿を一生忘れない…と 私は思う!!
サプライズのPIW引退セレモニー。Tatsuki Machida 町田樹の電飾の回る中 花束を抱えて 周回してくれたよね〜。
ヒロウシさんのお世話で開催された「好きつら党」党大会。もう このメンバーにも会えなくなるかと思うと 途中から涙が止まらなかった…

このPIW広島の思い出は宝石のように 今も輝いています。
(願わくは さらに10年後には 樹さんプロデュースで また PIW広島をやって欲しい!絶対行くから!!)

私ももうここまで一人のアスリート(アーティスト)にハマることは もうないかもしれない。
PIW広島だけじゃなくて 応援できた日々が全部楽しかったなぁ〜〜♪
観世さんのブログで想いを書き綴ったり、共有できたことで さらに楽しさが倍増しました。どうもありがとうございました。

これからの樹さんの更なる活躍を願いつつ、去年を思い出した昨日でした。(微笑)
| うっちゃん | 2019/08/20 4:54 PM |
おはようございます。
広島は、昨年と5年前の豪雨(広島市安佐北区を中心とした)災害のニュースの多い数日でした。
PIW広島公演には陸路がまだ整っていなかったから船で行ったなとか、帰りは乗り遅れそうになった臨時バスの中で、皆さんにいただいたご当地お菓子を眺めながらひとりニヤニヤしてたなとか、いろいろ思い出しました。もう何年も前のような気もしますし、所々に残された土砂の跡を見るとまだ1年とい感じもします。
党大会ではヒロウシさまのおかげで観世さま始めたくさんの町田ファンの皆さまに会え、夢のような時間を過ごすことができました。うっちゃんさまとはその後の福間さんのコンサートでも再会し、人のご縁の中でもちょっと特別な感覚です。

タツキと観世さまには感謝しかないぜ!でございます。
| おかめ | 2019/08/21 9:11 AM |
> うっちゃん さま

帰国されたんですかー? お帰りなさい!!

本当に広島は楽しかった。広島のみならず町田くんを応援できた日々は本当に楽しかったです(^ ^)
家族に言われたんですが「お母さんはどうしちゃったんだろうと思って見てた」と(笑)
さすがに恥ずかしいですけど、そんな風にのめり込めたのも良い思い出だし、もう二度とできないことだと思います。
おまけに私たちが期待した以上の傑物となってくれました、町田樹。
彼に目を留め、応援できた(今も応援している)ことが、誇らしいです。

こちらこそ、こんなブログにあんなにたくさんの方々が集まってくださったこと、まっちーについて語り明かしたこと、本当に幸せでした。
これからも彼を見守っていく限り、みんなずっと仲間ですよね(^ ^) そう思ってます。
| 観世 | 2019/08/21 9:53 AM |
> おかめ さま

私も広島の水害のニュースを見て、もう5年も経ったんだ!と思っていました。
PIW広島こそ5年くらい経った気がします(笑)
そうそう、当時はまだ電車などもダイヤが定まっていませんでした。
私は党大会から先に帰らねばならず、後ろ髪引かれる思いでしたが、
会場出たらダッシュで汗だくになりながら駅に向かい、けっこうギリギリで電車に乗りましたよ。
は〜なつかしい。

たくさんのお土産もいただきましたね!うれしかったです。
また、紹介した記事にも写真がありますが、皆さんのバナーを広げた光景が忘れられません。

こちらこそ本当にありがとうございました!!
・・・・思い出していたら、なんだかまっちーに逢いたくなってきました(;;)

| 観世 | 2019/08/21 9:58 AM |
観世様

とうとう出ましたね!
熊川哲也さんと町田樹さんの対談!
待ちに待ちました!!

以前高橋大輔さんとの対談が有りましたが、熊川さんを前にして言葉を
失って、殆ど熊川さんが話してましたっけ。
町田さんとだと濃い内容の対談になってるでしょうね。
期待で今からワクワクです。

町田さんが出場のPIW広島、あれから一年ですか。
広島にも行きたかったけど、きっとノービスやジュニアの頃からの
ファンの熱い応援で占められて、私の様な途中参加者は・・・遠慮して
正解だったと思ってます。

あの時はPIWチームは勿論、ずっと共に切磋琢磨した高橋さん(挨拶のみ)
織田さん、小塚さんも一緒だったでしょうか?
そして帝王プルシェンコさん。
ご自身も舞われたボレロ、どうご覧になったかな?
羽生選手を後継者と指名されてますが、町田さんにも羽生選手とは違った
才能を認めていたのでは?と思います。

COIでは師匠のランビエールさんに送られて・・・本当に幸せな
スケーターですね。

そこに音楽のある限り・・・。
世の中には星の数ほど美しい音楽が。
いつか町田樹振り付け作品を後輩の選手たちが演じるのを観たいです。
期待して待ってます。
(きっと拘りが半端ないから、一年も二年もかかっての振り付けになるかな?
まず音楽を聴きこんで、コンセプトをはっきりさせて、バレエのあるいは
ダンスのポジションを習ってから!って(笑))

勿論いつか何かで切望されて再び氷上に立つことが有ったら、観られたら、
最高に幸せです。

観世さんのお陰で町田さん情報を共有できて感謝です。
実演家としての話題はなかなかでしょうが、研究者としての活躍で
何か有りましたら、そして福井健策さんの様な方がいらっしゃいましたら
引き続き教えてくださると嬉しいです。

いつも有難うございます。
まだ熱い日々が続きます。
加えて九州北部は雨が大変とか。
そちらは大丈夫でしょうか?
お身体大切に過ごされます様。
| たまやん | 2019/08/22 10:54 PM |
ラストボレロから1年か〜としみじみ自らの青春?を噛みしめていたら、
たまやん様からの貴重な情報!

ついに満を持しての熊川さんとの対談!
いつ?絶対にあるはず、とは思ってましたが引退時にはなかったし。久しぶりにまた心臓が良い意味でドクンっとしました。
熊川さんはズバッと聞いてくれるから、芸術の話から個人的なことまで踏み込んでくれそうな気もします。でも町田さんも聞きたいこと山盛りでしょうし^^;。
これは楽しみですね。
| みち | 2019/08/23 1:04 AM |
> たまやん さま
> みち さま

すっかりお返事が遅くなってしまって申し訳ありません!!
熊川さんとの対談、私も声を出すほど驚きました!本当にうれしいです。
大ちゃんとの時はスケートの話でしたけど、今度はコアなバレエの話。
熊川さんも熱心に語られるでしょうし、
町田くんも、マダムバタフライという作品についても、ものすごく勉強してから対談にのぞんでいることでしょうね。
熊川さんは、町田くんの造詣の深さにきっと驚き感心することでしょう。
深くて濃い話が聞ける(読める)のではないかと大期待です!!

たまやんさんが雨を心配して下さっていましたが、この時の雨の被害は特になかったですけど
現在は福岡は、秋雨前線の雨に降られています。今週は毎日雨のようです。
こうなると夏の日差しが恋しいですわ。

健策さんといえば、デジタルアーカイブ学会の会議で司会をすると告知していました。
参加者募集していまして、もう定員に達したので締め切ったのですが
たしかまっちーもデジタルアーカイブ学会に入ってたな〜、行くのかな〜、なんてボンヤリ思っておりました。
ちなみに会議は9/26です。
| 観世 | 2019/08/27 12:56 AM |
観世様

雨はそれほどひどく無い様で良かったです。
もう秋の長雨ですか?
こちら関東は秋風が立ち始め、ツクツクホーシや虫が鳴いています。
朝夕は風が入って凌ぎやすくなりましたが、まだ暑いです。

雑誌は明後日来るそうで、ワクワクして待っています。
熊川さんの町田さんへの評価?半端ないとか。

デジタルアーカイブ学会、確かに町田さんもメンバーですね。
参加したら会えるかもしれません。
でも、もう定員ですか?
何事もチケット取るのが大変な世の中。

「多数決を疑う」を図書館で借りましたが、これも観世さんから教わった
と思いますが。社会の仕組みの勉強になりました。
自分ではスルーしてしまう分野の本。面白かったです。
数字に弱いので、そこはカットしましたが。

あとひと月でJOとCOI。
まだJOの日本チーム男子が決まってないそうですね。

どっかのコメントに町田さんの登場を期待する声がありました。
まずあり得ないけど、町田さんが出たら・・・すごい反響でしょうね。

| たまやん | 2019/08/27 9:35 PM |
> たまやん さま

町田くんはもう滑らないと思います。
引退後一度もスケート靴を履いていないと聞いた時に、そう思いました。
もう彼は次のステージへ行ってしまったんだと思います。

たまやんさんもそろそろ「ダンスマガジン」読まれた頃でしょうか?
私も今日読めました。幸せな気持ちになっています♪
| 観世 | 2019/08/30 1:02 AM |
観世様

はい、熊川哲也さんがらみのページは読みました。
町田さんのジャケット襟に蝶々のピンバッジ。
細やかな心遣い。

マダムバタフライがテーマの対談なので、原作もオペラもバレエも全部
ご覧になって臨まれたとか。・・・さすがですね。
熊川さん嬉しそう。
フィギュアスケートでもよく演じられる理由への問いに
的確に答えてらして、成る程・・・と思いました。
打てば響く町田さんを熊川さんが高く評価されてるの分かります。

オペラはいくつか観ましたが、原作は知りませんでした。
ちゃんと日本人女性の目線から描かれてるとか。
遅ればせながら、原作も読んでみようと思います。

いつか観たオペラ、(日本の歌劇団)、鈴木が素晴らしかった!
そしたら、新聞に鈴木をやらせると天下一品て紹介されてるオペラ歌手が
紹介されてました。多分その人ですね。
今回はベテランの荒井祐子さん。
支える重要な役ですものね。

ダンスマガジンにパリ・オペラ座のカール・パケット氏も!
彼のバレエを演じる様な姿、女性を美しく見せる姿、好きでした。

| たまやん | 2019/08/30 10:23 PM |
観世様

そうそう、熊川さんはフィギュアスケーターが音楽と無関係にジャンプ
するのがものすごく気になる様な。
あの場合音楽は単なるBGM?ってのに笑ってしまいました。
町田さんが無音で跳ぶという斬新な振り付けもって言われたのは、
F.U.Y.A. を思っての事かしら?
あれも格好良かった。
| たまやん | 2019/08/30 10:32 PM |
> たまやん さま

たまやんさんも、町田くんからいろいろと「転送」されていますね!
「マダム・バタフライ」は長崎が舞台で、熊川さんも長崎をテレビ取材で訪れた時にインスピレーションを得たようなことを対談で言われていますが
私は何度か長崎や、グラバー園の蝶々夫人の碑などにも訪れていますので、イメージはあります。
あそこで熊川さんがいろいろ感じられたんだな〜なんて思いました。

熊川さんは、これまでの(フィギュアに対する)コメント等を聞いていても、いろんな疑問や腑に落ちない点があるみたいですよね!
スポーツだから、点数を競うものだから、っていうのはありますけど、それと芸術性との両立に不満があるように思います。
今回の対談を呼んで、熊川さんは町田くんならわかってもらえると思ってるみたいだなーと思ったし、
実際町田くんは熊川さんの言いたいことをよくわかっている、自分も同じような不満を持っている、という感じがしました。
さらに町田くんは、その辺の所を解明しようと努力している最中なんだとも思いました!
・・・ちょっと何を言っているか自分で分からなくなりましたっ(汗)
| 観世 | 2019/09/01 3:50 PM |
観世様

いえいえ、仰ることは分かります。
大抵のフィギュアスケーターは音楽を表現というより、ジャンプや技のの出来に
神経を使っている。だから熊川さんから観たら不自然に見えるのでしょう。
それが、エデンの東、火の鳥、ヴァイオリンと弦楽のファンタジー、第九・・・
町田さんが演じた作品はどれもジャンプもスピンも音楽にピッタリ嵌って
違和感がない。これだ!と熊川さんもやっと納得されたのでしょう。
ドン・キホーテや第九をフィギュアでやるとこうなるんだと思った!
というのも最高の褒め言葉ですね。

先日フレンドオンアイスに行ってきました。
高橋大輔人気で会場ははち切れそうでした。
でも、やはりあの沼に沈み込む様に町田さんの登場を待つ雰囲気が懐かしくて
却って引退された今でも自分が町田ファンてのを思い知りました。

360度リンクを囲む客席全部を意識して、どの席からも見所がある様振り付け
て、そんなスケーターは町田さんだけ。
ボレロは前方からと後方からと観ましたが、前方からは陽の姿、後方からは陰の姿、
どちらもまるきり違って美しく、感激しました。

熊川さんが仰る様に、大学院を卒業されたら、アイスショーを企画構成振り付け
されるのを期待します。
長く関わられたPIWとかどうかな?なんて思います。

図書館で蝶々夫人の原書を予約しました。
今貸出中との事。その方も町田ファン?
| たまやん | 2019/09/02 11:03 PM |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS