Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




<< 水を止めてください!!! | main | 明日から! 恋のヴェネチア狂騒曲 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
氷上スポーツ学会に寄せて

JUGEMテーマ:町田樹

 

昨日は氷上スポーツ学会でしたね。

東京のど真ん中での開催、聴きに行かれた方もたくさんいらしたのでは。

 

ツイッターなどの情報、および学会サイトのレポ(https://jasiss.jp/?page_id=351)などから、様子を知ることができました。

サイトのお写真では、客席が女性ばっかりなのにちょっと笑っちゃった。

普通の学会だったら(女性の問題がテーマなら別だけど) ほとんど男性なんじゃないかと思います(笑)

誰のせいかな?w  ・・・いや、せいじゃない、「おかげ」だな。

 

毎回、町田くんの学会発表関係にファンが行くのはどうなんだ問題が浮上しますし、

行く人は多かれ少なかれ肩身の狭い思いをしているみたいですけど(ツイートによると)

私はどんどん行くべき派  です。

今回は(明らかに)一般の人もウエルカムだったみたいだし、

現状や問題点を多くの人にわかってもらいたい、シェアしたい、改善のために支援してほしい、という姿勢が明確だったようですから

良かったと思います。

学会の種類や内容にもよると思うんですよね。多くの人に知ってもらいたいような、このような会もある ということです。

一般の人に来てもらったら迷惑な会は、(以前も言いましたが) 最初から会員のみとか、招待状送った人のみとかにするものです。

 

 

 

 

さて、ツイートのレポの中に、阿部愛さんの発表についての感想を見かけました。

女子選手の無理な練習による、怪我、月経不順、過度なダイエット等への警鐘があったようです。

これは、バレエももちろんですが、身体表現系のスポーツには共通する問題で、たぶん体操などでも深刻だと思います。

見る方は、ものすごい体の柔らかさ・・・足の上げ方や開脚の角度、背中の反り。そして身体の細さに、驚き賞賛しますが、

誰もができることではありません。どう頑張ってもできない人もいる。

しかしできた方が点数が高くなりますし、練習している以上ああなりたいという憧れもありますから、無理をします。

これは正直、これらの身体表現競技や芸術の、永遠の課題であり、苦しみであると思います。

 

うちの娘はバレエをしていますが、もちろんずば抜けた身体能力やスタイルを持っているわけではありません。

だから非常にコンプレックスを持ちながら、日々努力しています。

足なんか、普通に見たら奇形ですよ。

トウ伸ばすために足先が異常に丸まってますし(それでもまだ足りないと言う)  足の指の爪(小指と薬指)は真っ黒です。死んじゃってるんです。

体つきも細いですが、何せ高校生、健康的なハリがあると言いますか、ムチムチ感、パンパン感がある。娘はそれが嫌でたまらない。

だけどそれは成長過程においてどうしても通る道です。

心配しなくても、大学生になると自然に痩せてほっそりする、と何度も言い聞かせています。今はどんなにダイエットしたって無駄だから、この状態を我慢しなさいと。

もちろん女性の体の成長についてや、栄養を摂ることの大切さについてもよく話し合っています。

だから痩せすぎたり、生理が止まったりなんていうことはないんですけど

レッスンに行ったり、ステージに立ったりするたびに、自分は太い、スタイルが悪い足が短い・・・・等々、不満の嵐です。

 

バレエの素人生徒さんでもこうなのです。全国レベル、世界レベルの試合に出る人の悩みたるやどれ程のものか。

 

日本も昔はスパルタでしたし、今も厳しく指導している先生がいらっしゃるかもしれません。以前は「あなた太いわね」なんて吐き捨てる指導者がいたのも事実です。

また、女子を指導する男性のコーチは、ちゃんと女子選手が悩みを訴えられるようなフォロー体制をしてくれているのだろうか、と思ったりもします。

ちゃんと実演家が悩みを解決できるようなアドバイスを与えられる指導者が必要です。競技の普及発展のためにも。

まぁ近年は増えてきていると思いますけどね。

 

痩せればいい、柔らかければいい、というのではないのと同様に

ジャンプが跳べればいい、というのも、違うと思うんです。

でもあれは高い点数がついちゃうから仕方ないですよね、無理な練習をしてでも、痛みをこらえてでも挑戦するでしょう。

だから、ジャンプ以外の部分の点数ももっと高くするとかジャンプ偏重にならないといいのになと、私は個人的に思い、

前のシーズンのルール改正はそのためのものかなと期待もしたのですが

なかなかうまくいかないようですよね・・・。

ロシア女子が14才くらいで4回転を跳ぶのも、どうかと思います。身体の成長に影響はないのかな、と。

それに、あなたはハタチになってもそれを跳べるのか?とも思いますしね。

 

こうして、一般の人間でもいろいろと理解を深め、考えることは、

きっと氷上スポーツ学会にとっては、望ましいことなんじゃないかと思っています。

もう一つ、アイスホッケーの普及もがんばれ!的な話もあったようで興味深いです。

そういういろんなこと・・・個別の細かい問題や、広い視野からみた問題や 様々なことを、私たちも理解したうえで、応援していきたいものだと思います。

 

 

こうやって考えさせてくれる機会をいつもくれる町田くんは、

実演家の時と同様、私たちの視野や世界を広げていってくれているなぁと思いますね。

 

 

さあ、いよいよ明日から7月、新しいシーズンが始まりますね。

どんなシーズンとなるでしょうか。

 

 

(追記)

KISS &  CRY  のサイトに、氷上スポーツ学会のレポ(町田くんメイン)が載りましたので

ご紹介しておきます。

かーなーり 詳しいです(笑)

https://www.tvguide.or.jp/feature/kissandcry/20190704/01.html

 

 

 

| フィギュアスケート | 14:30 | comments(7) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | - | pookmark |
行ってきましたよ、氷上学会。
ホント、私を含めて樹君ファンらしき女性がたくさん来ていました(笑)
でもとても充実した本当に有意義な時間を過ごさせて頂き、行ってよかったとすごく思いました。6人の方の一般報告もあまり堅苦しくなく、興味深いお話でしたし、樹君達のフォーラムもとても面白かったです。内容に関しては、ホームページなどでお読みになれると思いますが、樹君が最後に難しい言葉での研究をいかに現場につなげていくか、現場に生かしていくか、それを伝える能力が必要、またどうしてこの場に選手やコーチ達が出席していないのかとおっしゃった時は、会場の皆がうなづいていたように思います。うまく言えず、ゴメンナサイ。
フォーラムの司会をなさった理事の坂井さん(元アイスホッケー)が1月の設立学会での樹君の講演が素晴らしかったと絶賛してましたが、今回も改めて
彼の頭の良さと機転の効いた見事なトークに感心しました。
4時間半たっぷり学ばせて頂きましたが、とにかく樹君と同じ部屋(200人くらいの階段教室)の空気の中にいることができて本当に幸せでした。始まる前に受付の所であの髪型で姿勢の良いスーツ姿の若者がいてばったり会い、もう目がハートでした!教室に入るといろいろな方と名刺交換をなさってお席につかれました。わたしの数列前でしたし、休憩時間は横を通って出入りなさるし、
正に素顔の樹君を拝見できて、でもこのお顔の小さな可愛い若者が、あのボレロやアダージェットを滑った大物スケーターかと思うと不思議な感じでした。
学会のプログラムのプロフィールにもスケーターだったことは一切書いてなくて、もうすっかり研究者町田樹さんでした。
これから、この学会が多くの人に知られ、氷上スポーツが盛んになることを心から願いますし、樹君がますますご活躍なさることを祈ります。
長々とすみませんでした。
| かめ | 2019/07/01 12:53 AM |
連続してすみません。
学会の後、別の場所で懇親会がありました。私は夜予定があったし、たとえ出席しても全くの素人が出ても何も話せないし、申し込みの段階で欠席することにしていました。50人限定で満席だったようで、その中、樹君ファンが何人参加なさったかわかりませんが、ファンは気を使って遠巻きに樹君を見てて話しかける人は少なかったらしく、逆に関係者の方は不思議に思ったらしく、樹君本人もちょつと気にしてらしたとのことを聞きました。
私ももし参加していたら、ほかのファンと同じだったと思いますが、今日の感想や素人なりの希望や考えなどを気軽にお話しした方がいいのかなと思いました。目はハート状態でしょうけど^_^
樹君は休憩時間や会終了後も学会の方とすごくにこやかにお話ししてらして、人脈をどんどん広げていらっしゃるのだなと思いましたよ。その姿は、決して堅苦しい感じではなく、とても柔らかくて若々しくて笑顔がすごく可愛い若者でしたよ。
| かめ | 2019/07/01 9:24 AM |
> かめ さま

かめさーーん!!(T0T) 詳しいレポありがとうございます!!うれしい!!
今回は特に一般向けだったといいますか、学会の内容もあちこちから発信されていますし、オープンなものでしたね。
今回躊躇した人も、次回からは、ああいう感じなら行ってみようかなという気持ちになって、参加者も増えるかもしれません。盛んになっていくといいですね。

いやん、そんなに近くをまっちーがウロウロしていたんですね!ドキドキしちゃいますね(^ ^)
でもああいう所で会うと不思議と、普通にやり過ごしちゃうというかね(笑)
私も飯塚杯で、大好きなスケーターさんと本当に大接近するのですが、スルーです、スルー(笑) そのうちなんとも思わなくなっちゃう、普通すぎて。
だけど別の場所で会うとドギマギしちゃうんですよ!?w

「あれが大物スケーターと思うと」・・・わかります〜!
1年も経っていないのに、ボレロで悩殺したこととか、アダージェットで号泣させたこととか、微塵も感じさせないですよね!不思議〜。
だけどプロフィールにも書いていないんだなんて・・・それは淋しいな。潔よすぎないか、まっちー。

懇親会は、ファンの身分としては(笑)どんな態度で接したらいいか悩みますよね。私もきっと遠巻きに眺めちゃう気がします。
だけど懇親会ですし、懇親しないとね。今日の感想を言ってもいいし、日頃疑問に思っているスケートのことを聞いてみてもいいかも。
まぁそれも「こんな初歩的なこと聞いてもおかしくないかしら」って悩みそうですけど、まっちーはやさしいからきっと真摯に答えてくれますよね。
どさくさにまぎれて「ご結婚のご予定は?」って聞いてみたい!(コラ)

まっちーの様子が伝わってきて本当にうれしかったです!!ありがとうございました!
近いうちに九州でも会が開かれるように、お百度参りします!!(どこに)
| 観世 | 2019/07/01 3:13 PM |
観世さま
こんばんは
前回はお手数おかけしてしまって申し訳ありませんでした。

土曜日、氷上スポーツ学会に行ってきました。面白い報告やお話がたくさんありましたが、学会の内容をどこまで書いていいのかわからないので雰囲気だけコメントさせていただきます。

当然、町田さんと同じ教室にいたわけですが、ファンのみなさんとても冷静でした。あくまでも普通の態度で参加していて、休憩時間に町田さんが教室の中を歩いていても見事に気づかないふり(?)をしていました。
ファンとしての心構え「町田規範」が浸透しているなあと思いながらも、「この空間に町田樹がいる不思議さよ」と一句詠んだりしていました。(何やってんだわたしは)

町田さんも相変わらず丁寧な所作でしたが、その一つ一つからこの人は普段からきちんと日常を重ねて生きているんだなあ、ということが何となくわかりました。エデンの頃よりかなり大人になりましたが、すれたところがなく周りから信頼され愛されているように思いました。

閉会の後すぐに帰りましたが、あまり疲れも感じず雨が降っているのに晴れやかな気分でした。次は行けるかな?いや会員や研究者が多すぎて一般参加は遠慮してください、というくらい盛り上がってほしいなと思いました。




| スナフキン | 2019/07/02 1:32 AM |
こんにちは

レポートありがとうございます。生き生きと活動しておられる様子がわかってとても嬉しかったです。一番印象に残ったのはなぜ指導者やスケーターがこの場にいないのかという発言があったことです。文舞(武)両道を成し遂げた彼だからこその言葉に重みを感じます。選手もファンも参加してファンと現場双方が同じ課題を共有できればもっといい方向に向かえるのではないかと思いました。(具体的にはよく解らないけれど)
機会があれば是非参加したいです。
| のどあめ | 2019/07/02 12:53 PM |
> スナフキン さま

一句読んだで吹きだしてしまいました!(^▽^)
「町田規範」ね! いやマジで誇れるファンの姿だと思いますよっ! 

町田くんが"普段からきちんと日常を重ねて生きている"感じ、わかります!!
私が堤真一さんを一番好きなところも、自分らしく普通にきちんと生きようとしているところでありまして
町田くんもそうだよなと思い
「やっぱ自分、そういう人に魅かれるんやな!」と再認識です(笑)

私もいつか行けたらいいな。
それよりも、会がもっともっと発展するといいですね!

レポありがとうございました!!
| 観世 | 2019/07/02 10:54 PM |
> のどあめ さま

そうですね、特に指導者や連盟関係者は参加するべきですね(連盟関係者はいたかもしれないけど)
選手は・・・自分のことで精一杯だろうと思うんです、競技者で居る間は。だから指導者が高い意識を持って導いてやるべきだろうなと私は思います。
もちろん選手も高い意識、広い視野を持つべきですけどね。そんな選手が一人二人現れてくれたら、またフィギュア界も変わるだろうと思いますが。

私たちファンも、見た目のことや マスコミの噂話みたいな報道にばかり一喜一憂していないで、こういうスポーツとしての根本のところも学んでいきたいものですよね。(もちろんミーハーな部分を否定するわけではありませんが。ミーハーな面もないとつまらないですからね ^ ^)

次回の総会は北海道と聞きました。
そのうち九州周辺でもやってくれませんかねー。そしたらぜひ行きたい!
| 観世 | 2019/07/02 11:00 PM |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS