Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




<< PIW放送 with町田解説 レポ | main | Happy Birthday 中野くん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
PIW放送 with町田解説 レポ

JUGEMテーマ:町田樹

 

疲れたので1日お休みをいただきました(笑)

 

さて、レポその3です。

なんとか最後まで〜〜!

 

 

(最後まで書きました!!)

 

PIWチーム 『Dirty Work』

小平くんが主役のナンバー!! 

(もう主役が張れるんだね〜、さすが!

女子社員のタイトスカート、滑りにくいのでは?w)

キャラクター設定、いろいろ細かく決まっているのね。

町田くんの毒舌炸裂です!

「この社員たち、遊び過ぎですよねー」

板垣アナの「赤いシャツを着た社員は、3年目の仕事のできないヒラ社員役だそうです」を受けて

「あ、そうなんですか。ほんと、役に立ってないですよねー!」www

 

『Santa Maria』 佐藤紀子・高橋ただゆき振付

(ジョーくんかっこいい!)

アイスダンスの動きを取り入れたナンバーだが

以前は男性も女性もいたアイスダンス経験者が、今は西村桂さんしかいない。

「まだぎこちない。これからのスキルアップを期待」

「4人一斉に2A、ひとつの見せ場」

 

スモークが焚かれる。時間が進む映像。

『Open Arms』 松村充 振付

(うちのダンナの若い頃の十八番の歌でして、「歌えー!」と言ってやりましたw)

町田くんの解説がほとばしります。

「(松村さんの例からも)実演家から創作者へ、人材の循環

「キッズから、創作者、指導者へと、人材育成の貴重な場」

「フロアダンスではなく、最大限スケートを堪能できる演目」

「フォーメーションの美が感じられるスケートを展開」

男性が連続で順番に跳んでいく2A 「見ていて鳥肌が立ちました」

「翼のようですね」

 

 

荒川静香 『タンゴ・ジェラシー』村上佳菜子と振付

FaOIでしか滑って来なかったプログラム。

「自分も以前プログラムで使用したが、メロディアスな部分が気持ちいい曲。

スケートと相性がいい曲だと考える」

(なつかしいね、タンゴ・ジェラシー)

「音がしないスケーティングを体現。」

(しーちゃんはホントに、スタイルもいいし、動きもきれいだわ・・・)

 

 

宇野昌磨 『Time After Time』 デイヴィット・ウィルソン振付

「何事もなかったかのように3Aを跳べる。国内のエースたるゆえん」

テーマは脱力感。

「アンニュイとズボラは紙一重」 (ズボラな演技ってどんなのやw)

「脱力の中に、機敏な動きや高難度なジャンプを組み込むことで、アンニュイな男性を演出」

「練習なしで4Fはさすが。」(まったくだ!)

「スケーティング技術もすばらしい。

2秒後には向こうへ行って、5秒後にはこちらに戻ってくるという、空間の使い方・占有率」

完全無欠のウノショウマを創り上げれば、頂点に立てる。」

 

 

PIWチーム シンクロナイズドスケーティングの作品 

女性スケーター ワーグナー『ワルキューレの騎行』

町田、シンクロの技の知識を披露

「風車のように連なって回る=ウィール」「横一列並び=ライン」

「3列以上が一体=ブロック」

「互いの間をすり抜ける=インターセクション」

 

男性スケーター ドヴォルザーク『新世界』

一番の見せ場

交響曲とシンクロの相性がバツグン

「シンクロナイズドスケーティングは身体の交響

「大人数で一つの統合された世界を作る」

「一人の力が他者にダイレクトに作用してくる」

(4方向からの交差 すばらしい!!)

いつもは全国で別々に活動している。いかに努力を積み重ねて来たか。

板垣アナ「プリンスアイスワールドの新世界です」

 

これはぜひ現地で見たい!!

テレビよりずっと感動するはず!

今もすばらしいが、これから回を重ねるごとに技術が磨かれて行く気がするな。

ショーシーズン最後に見たら、もっとすばらしいかもしれない。

 

 

フィナーレ

「令和の時代、若手、次世代を担うスケーターたちがどのようなスケート界を形成していくのか、本当に期待しています」

(まりんのビールマン、めっちゃきれいだな〜〜)

チームが青い衣裳ということで、ゲストも青系の衣装を探すように言われた。

「ドレスコード」

佳菜子ちゃん青い衣装を探して探して、これになった。「そうなんですねww」

武史先生の、バレエジャンプとバタフライジャンプ「絶品ですよね」

しょーま、3A-4Tに挑戦! 転倒してしばらく寝ているw

 

「このプロダクトをさらにブラッシュアップして」

板垣アナ「(コバヒロくん曰く)命懸けでやって来ました」「時には夜を徹して練習してきた」

 

町田さんの令和・・・新時代への展望を聞かせてください

「AIの技術革新で、スポーツがさらに変わっていく時代。

スポーツ文化の変化を注意深く観察しながら、フィギュアスケートの長期的な発展普及につながる研究活動に邁進していきたい」

 

板垣アナ「その合間でけっこうですので、また解説していただけますか?」

「もちろんです」(食い気味w)

 

【終了】

 

 

はー、ようやく最後までいった!

何せ内容が濃い濃い!

町田くんの講義の時間だったと言っても過言ではないでしょう(笑)

たぶんいつものように、バッチリ予習して言うべきことをまとめてあるのでしょうが

以前よりナチュラルな所、その場でコメントしている部分などが増えているみたいで

すごくリラックスした感じを受け、聞いている方もより聞きやすくなっていると思いました。

そんな中でも、たぶん用意してきた原稿を読んでいるであろう、固い語調のところもあって

それが町田節というか、おもしろいんですよね。

急に耳慣れない言葉が飛び出したり、話のリズムが変わったりするので

「んっ?」とむしろ耳をそばだててしまうというw

急に「人材の循環」とか「身体の交響」とか「ドレスコード」とか言われると、ねえ?(笑)

 

Dirty Work の「ホント使えないですねー」にも笑ったけど

この前のジョン・カリー映画ジャパンプレミアの「回転不足がどーのこーの」とか

けっこう心の中ではバサッと切ったり軽口(?)叩いたりしてるのかも、と思ったよ。

もちろん相手や他を非難してるわけじゃなくて、なんていうの、けっこう軽快な性格も持ってるんだなっていうか。

そういうのがポロッ、ポロッと・・・・・1時間真面目にしゃべってる中でたった一言くらいなんだけど

出て来るのが面白いよねー。性格が垣間見えて。

でもそういうところが見えるからこそ、愛らしいんだけど(*^ ^*)

 

これからもますます、硬軟織り交ぜながらの楽しいトークや解説ができるようになってくると思います。

楽しみですね。

PIWは愛があるから「もちろん」ずっと解説してくれると思うけど

他のショーや試合の解説なんかもたまにしてくれるといいな。

たとえば・・・グランプリファイナルとかどうかな♪

 

 

 

| フィギュアスケート ショー | 06:33 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:33 | - | - | pookmark |
あと数日で5月が終わりますが、実に忙しい月でした。個人的にもですが、
樹君の追っかけ(笑)で嬉しい忙しさでした。
映画のプレミアは生のまっちーに久しぶりに会えて最高に幸せでしたし、
プリンス横浜公演には家族サービスで行きませんでしたが(樹君が出てた時は
優先順位が違いました^_^)、テレビ放送、そして雑誌の記事と続いて。
解説では、冒頭の福田アナとの爽やかな姿にニヤつき、ソフトなお声と彼ならではの視点や感性から繰り出される言葉に納得したり、感動したりで、やっぱり樹君の解説は最高!と嬉しくなりました。私の観劇仲間も「町田くんの解説は選び抜かれた言葉で丁寧に語られてて素晴らしい!ダメなところはハッキリおっしゃって(四羽の白鳥のとこ)それもよかった」と言ってました。
今回制作陣が替わったプリンスですが、本当に楽しいエンターテイメントになっていたと思いますね。是非東伏見には行こうと思います。和装のとこと新世界は感動しました。ゲストではやはり荒川さんの美しさに見惚れました。
さて、雑誌、「SPUR」と「ダンスマガジン」、樹君の言葉の引き出し、豊富さと共に、彼の頭の中にはこれから実行していこうとする計画や道筋がいろいろと張り巡らされているのでしょうと改めて知り、強い意志を感じて、やはり彼は研究者の道を歩むべき人なのかなと思いました。
厳しい道だと思いますが、心から応援しますよ!
でも最近の樹君、本当に生き生きして若く見えて(もちろんまだ若いのだけど)素敵でかっこいいですよね。お茶目で可愛い面もチラッと見せてくれて、すごく嬉しいです。とにかくお幸せでありますように!
| かめ | 2019/05/27 11:03 PM |
> かめ さま

5月は大サービス月間でしたね!!
PIWでもう見られないことを寂しく思ってたのに、ありゃ ほとんど出演したと言っていいんじゃないでしょうか(笑)
本当に話も上手になって・・・。どんどん成長しているんですねぇ。
PIWの解説も情報量が多すぎて(汗) 聞いている分にはすっごく楽しいんですけど、内容をまとめようと思ったら本ッ当に情報が多くて大変でした!
私たちもおかげで賢くなりますねっ!

PIW、東伏見を見に行かれるのですね!
いいなぁ。西にも来ないかなぁ。
| 観世 | 2019/05/28 12:22 PM |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS