Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




扇田先生を思い出して

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

昨晩、かめさんのコメントで

早稲田の演劇博物館で扇田昭彦先生の企画展が行われていることを知りました。

急いでエンパクのサイトに行きました。

http://www.waseda.jp/enpaku/ex/7155/

 

 

なんと、10月からやっていて今月で終わるのか・・・・。

知らなかった(;;)

東京に行く機会に行きたかったけど、まっちー最終公演の直後は無理だったし(精神的にも)

それ以降も、もちろんこの後も行かれないし。

残念だ。

 

10月には山口宏子さんも講演されているではないか!!(まだ朝日新聞にいらっしゃるんだ)

山口宏子さんも、演劇評論のスペシャリストで、私の大好きな方です。

あー、いいなぁ東京・・・(;;)

 

 

サイトのお写真を見て、

まるで昔の別れた恋人に会ったようで胸が締め付けられ

当時のいろいろなことを思い出してしまいました。

今の私はすっかり演劇から遠のいてしまい

(言い訳するようですが、福岡の演劇シーンもそこまで盛り上がっていません)

まぁ何に夢中だったかといえば、PTAを忙しくしていたのと、

プロスケーターとして活動していた町田樹に振り回されていたのであってw

扇田先生や演劇とは無関係の世界に身を置いていた数年間でした。

 

福岡に越してきて、演劇に一生懸命だった当時

扇田先生と接する機会も多かったのを、奇跡のように思い出します。

あの頃、福岡の演劇を盛り上げて行こうという気概のある関係者が何人かいらして、私も親しくさせていただいていて

扇田先生を東京からお呼びして講座を開いたり、俳優とのトークショーを開いたり

積極的な活動をしてくれていたおかげで、私も恩恵にあずかっていたのでした。

あの頃の皆さんは今頃どうしているんだろう・・・。

 

当時がんばっていた福岡の劇団で、今も一定数のお客さんを呼べる劇団は・・・1つかな。

(勉強不足なのであまり正確な情報ではないですが)

また現在の演劇シーンの印象は、プロデュース公演やミュージカル、声優さんのなにかやキャラ物等が流行っていて

私が夢中になったような小・中劇場系のお芝居は、あまり人気がなくなっているような気がします。

特に若い人たちに。

 

扇田先生が生きた時代は、本当にアングラ〜小劇場の全盛期で、異様な熱量があり

(大学の学生運動を想像したら近いかもしれない)

星の数ほどの劇団があって、目をギラギラさせた演劇人がたくさんいた。

そんな時代に扇田先生が存在したというのも、神様に選ばれたことだったのかもしれない。

 

 

 

昨晩は布団の中で、そんなことをずっと考えていました。

まるで昔付き合っていた彼氏との日々を思い出すように(笑)

扇田先生の、ちょっと口をとがらせて、口角を上げて話すしゃべりかたと

キラキラした目を思い出して、せつなくなったり。

おかげでしばらく寝付けませんでした・・・

 

 

かめさん、教えてくださってありがとうございました。

次回、東京に行くことがあったら、

(扇田先生の展示が無くても)必ずエンパクに行こうと思います!!

 

 

| 演劇・舞台 | 08:39 | comments(2) | - | pookmark |
イープラスさんがめんどくさいことになってる!

今日はとても良い天気で、出かけたり仕事したりする用事もなかったので

庭仕事をがんばりました!

明日雨だっていうからさ、今日のうちにと思って、生垣の手入れだけ。

久しぶりの身体を使った労働。楽しかった♪

明日は〜〜・・・衣替え!

 

 

さて、それはさておき。

 

堤さんの話ばかりで恐縮ですが

今日は6〜7月の舞台「お蘭、登場」の、シス先行抽選の結果発表の日でした。

私の希望の公演は・・・取れませんでした。残念。

 

仕方ないので、一般プレイガイドでトライです!

まずは、現在行われているイープラスの独占最速先行というやつに申し込もうとしました。

 

実は、最近の公演はシス先行でほとんど取れていたので

イープラスで申し込むのはとても久しぶり。

(スケートもイープラスで申し込んだことないし)

 

アクセスしてみたら・・・・なんかシステムが変わってる!!

これまで使っていた、10桁くらいの数字は、もう必要なくなっていました。

その代わり、新しく手続きをしなくてはならないのですが、これがなんと!

携帯番号やパスワード等を入力した後、「SMS認証」というのをやらされます。

登録した携帯に、ショートメール(または音声電話)で、4ケタの数字が送られてくるので

それを見て画面に入力しないと、認証されない。

 

つまり、携帯の番号1つに、1口しか持てない訳です!

 

これまでは、パスワードとアドレスで登録できたので

うちは家族全員の携帯と、家のパソコンと、という具合に4〜5個のアカウントを持っていました。

しかし、携帯1つにつき1個、しかもショートメールで送られてきた番号を入力しないといけない。

そのうえクレジットカードの登録も必須となっている。

つまり子ども達の登録はできなくなったわけです!

(注・先行などの場合がそうだということで、一般発売などでチケットを買う分には、そんな面倒な手続きはいらないようです)

 

しかも、パスワードやらアドレスやらを、あれかな?これかな?と試していると

間違ったものを入力してしまったりして

そのたびにメールが届くんです。

「不正なアクセスが行われました。パスワードを変えてください」

「違う端末からのアクセスがありました。この番号は使えなくなりました」

などなど。

 

いやぁ〜〜、めんどくさい! チケットの申し込みができるようになるまで、1時間くらい格闘しちゃいました!

 

 

しかしこれだけセキュリティがしっかりしていれば、安心ではあるし

パソコンで何百口も登録して申し込んだりすることへの対策にはなっていますね。

これからだんだんとこうして、セキュリティが厳しく、面倒になっていくんでしょう。

 

ああ、黒電話や公衆電話で、発売時間ピッタリにかけて、つながるまでダイヤルを回し続けた

あのアナログな頃が懐かしい!(笑)

 

 

どうか希望のチケットが取れますように!!

 

 

ちなみに、7月25日(水)14:30〜 のチケットが2枚余ってるんですけど、欲しい方います?

会場は、大阪・サンケイホールブリーゼです。

もしご希望の方がいらしたら、右側「Profile」の中のアドレスまでメールください。

(友人と手分けして取ったのですが、うまくいかなくてダブってしまった・・・)

 

 

| 演劇・舞台 | 00:12 | comments(0) | - | pookmark |
「関数ドミノ」@久留米 に来ました

1509009036640.jpg

 

今日は、舞台「関数ドミノ」に来ました。

「関数ドミノ」は、私が大好きな劇団「イキウメ」の作品です。
だいぶ前の作品ですが見れてなかった。
今回はイキウメの公演ではなくて、
瀬戸康史、柄本時生、勝村政信さんなどが出る商業公演です。
演劇仲間さんに、久留米に来るよと教えてもらったのでチケット取りました(^_^)v
今日も良い席ですよ♪(久留米だからねっw)

イキウメは本公演が12月に北九州であります。
「散歩する侵略者」
こちらも見に行くことにしています。久しぶりの福岡公演なんで!
現在、長澤まさみちゃん主演で映画も公開中。(上映館が少ないので私はまだ見れてない)

先日WOWOWで、「予兆」という、散歩する侵略者のスピンオフドラマがあって
大好きな夏帆ちゃんが主役でもあったので見たんだけど
悪役(?)の東出昌大くんがそれはもう怖くて怖くて!!
彼、ドラマでも怖い(ヤバイ)演技で評判になりましたよね?「あなたのことはそれほど」だっけ?
もうホントに・・・・・・ヤバイ (T_T)
後味の悪〜いドラマでした(笑)
舞台もこれくらい怖いのかなーやだなー(-_-;)
でも楽しみーw


では行ってきます!

・・・うわ、ものすごく立派なホールだ!(◎ ◎;)
できたばっかり?

| 演劇・舞台 | 18:18 | comments(2) | - | pookmark |
中嶋しゅうさんを悼む

中嶋しゅうさんは、来年の堤さんの舞台「近松心中物語」に出演するはずだった。

いくつか下の記事、舞台が決まって喜んで書いた記事の

出演者テロップのスクショの中に、名前がある。

 

シスのサイトに行って、近松のページを開こうとしたら、

開かなくなっていた。

 

代わりに、奥様の鷲尾真知子さんのコメントが上がっていた。

そうか、鷲尾さん、シスの所属だったな。

 

今日から鷲尾さんはご自分の舞台の幕が開くのだという。

この前の海老蔵さんも大変だったが、鷲尾さんも辛かろう。

舞台人とは酷な職業である。

昔から「親の死に目にも会えない」と言われた仕事。

鷲尾さん、悲しいだろうけど、そういう覚悟はあったんじゃないかな、同じ舞台人なのだから。

 

だけど、もう若くないお二人。

「それぞれ 1 日違いで開幕する舞台でしたので、中嶋とも互いに励まし合いながら、 ここ数週間を共に過ごして参りました。」という言葉に、深い愛情と、同業者として支え合っている姿が浮かぶ。

鷲尾さんは今日の舞台を勤め上げたそうだが

千秋楽までどうか頑張って欲しいと思う。

きっとしゅうさんが、そばで見守ってる。

 

だけど・・・しゅうさんみたいに、いわば「板の上で死ぬ」というのは

舞台人の理想だと思うんだよね。

演技したままで逝くなんてさ。

舞台人に限らず、誰でも、一番大好きなことをしている時や、一番大好きな場所で、

息を引き取るというのは理想だと思う。

もちろん惜しいし、残された者は悲しいけれどね。

 

しゅうさんって、一度見たら忘れられない存在感の役者さんだけど

こうなって色々調べようと思ったら、なんだか全然データが出て来ない。

きっと、ストイックに舞台や演技に向き合って来られて

マスコミやカメラの前なんかには出ようとしなかった、

自分のことを必要以上に売り込んだりしなかった人なんじゃないかな。

舞台人ってそういう人が多いからね。

 

 

映画「日本のいちばん長い日」での東條英機が忘れられません。

陸軍の将校が集まる建物で檄を飛ばすあの威圧感、

昭和天皇(本木雅弘)に叱咤されるときの緊迫感。

すごい役作りだと思った。

もっくんの昭和天皇を絶賛しておられたことも思い出されます。

あの映画で、もっくんとともに一番印象に残った役者さんでした。

 

 

 

「近松心中物語」で拝見したかったです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

| 演劇・舞台 | 16:50 | comments(4) | - | pookmark |
娘と六月大歌舞伎

昨日のラインナップは半分しかできていませんが

 

今日は娘No.3と歌舞伎を見に行ってきました!

 

博多座で行われている、中村芝翫襲名公演の六月大歌舞伎

実は娘が(マンガの影響らしいのですが)歌舞伎が見たい見たいと言っていて

六月歌舞伎があることを知ったので、チケットを取ったのです。

 

DSC_0015.JPG

 

中村芝翫さん、わかりますか? もと橋之助ですよ、三田寛子のダンナの。

 

 

中村一門では、私、中村梅玉さんという方が好きで。

まだ私が20代だった頃 見に行った歌舞伎で、玉三郎さんの相手役をつとめていた梅玉さんがすごく素敵で。

ちょっと知的で物静かな感じの役者さんなんですけどね。

で、今回は梅玉さんも出ていたので、見たいなと思ったんです。

昔見た梅玉さんは美青年でしたけど、さすがにもう大ベテラン、年齢も60代後半? 70代?

だけど、たしかにもう若くはなかったけど、雰囲気や声はあまり変わっていませんでした(^^)

 

DSC_0014.JPG

 

襲名を祝う「祝い幕」。

橋之助あらため芝翫さんと、その3人の息子も一緒に襲名したので、

幕の左端に4人の名前があります。

 

私たちが見たのは昼の部で、

演目の1つ目は「車引」という荒事。

2つ目は舞踊「藤娘」 ←ものすごくキレイでした!!!!!

3つ目と4つ目が世話物。どちらも1時間くらいで長かった。

少々眠くなってしまいました(^^;)

 

最後に荒事の「車引」をやってくれたら良かったな〜。

派手に終わって華やかな気分で帰れるじゃない?w

 

昼の部は、あまりお客さん入っていませんでした。(6割くらい?)

夜の部の方が、「口上」もあるし、獅子の頭を回すやつもあるし(笑)

人間国宝・坂田藤十郎も出るし、華やかな感じなので、

人気があるのかもしれない。

 

 

だけど博多座は、いつ行ってもプチ旅行に来たくらいのワクワク感があって、楽しかったです!

娘も「楽しかった」と言ってくれました。

意外にも、バレエとの共通点なんかをいくつか挙げたりして。

うーむ、そういうことを考えながら見られるとは、さすがですね、すばらしい。

 

 

帰りはバレエショップへ寄ってトウシューズとトレーニングパンツを買い

その後は本屋やら文具屋やら・・・・

楽しく娘とショッピングいたしました♪ (疲れました^^;)

 

 

 

 

| 演劇・舞台 | 22:04 | comments(4) | - | pookmark |
週末は大阪で「るつぼ」

JUGEMテーマ:堤真一

 

今日から11月!

 

昨日と今日が何も用事がない日なので、天気もまあまあ良かったし

昨日は庭仕事(枝切り)を、今日はずっと先延ばしにしていた衣替えをしました!!

先週くらいまで、日中は25度を超える日もあったりして

衣替えも足踏みしていましたが(怠けていたとも言うw)

今日から急に寒くもなったし、やりましたよー。

 

衣替えは、服装ばかりでなく布団もですよね。

夜の気温がビミョーだったので、うちは今まで

「あったかいパジャマを着ろ!」と、冬物パジャマを着せて

布団はまだ夏掛けのままでした。

今日はもう羽毛布団を出します。夏掛けは数日かけて順番に、洗濯と布団干しです。

 

 

衣替えが一段落したので、「るつぼ」の予習をしました。

堤ファンの友人に、東京公演のパンフレットを送ってもらったのです。

「るつぼ」東京公演は、この前の日曜に終了しました。次は大阪公演。

私は大阪公演の、最後の土日に行って来ます!!

 

今回の「るつぼ」、魔女狩り事件で有名な「セイラムの魔女裁判」を題材にしています。

事件の内容はこんな感じ → セイラム魔女裁判(Wikipedia)

信じられないような狂気の展開で、多くの人が魔女と断定され処刑された、17世紀末の事件です。

 

私はもともとこのセイラムの事件自体も好きで(好きっておかしいなw) 興味があったので

この作品に堤さんが出てくれて、とてもうれしいし楽しみです!!

 

東京公演のパンフレットはとても読みごたえがあり、舞台がさらに楽しみになりました。

この作品はアーサー・ミラーが原作ですが

こういう、社会的問題や人間の深層心理に切り込み、名作と言われて残るような演劇作品が

日本ではどうして生まれないのかなと思います。

井上ひさし作品なんかはそういう作品だと思うけれど。

今は以前よりさらに興業重視になっていると思う。

人気俳優さん、人気劇団さんの公演を、派手に広告展開して上演する。

そりゃあ興業的には成功するんでしょうけどね。

 

そんな中で、こういう作品にも出て役に真摯に向き合ってくれる堤さんがうれしい。

パンフレットを読むと、演出家のジョナサン・マンビィさんの舞台へのまっすぐな取り組み方や

それに全力で応えようとし、それぞれの役柄について深く掘り下げ追求する、役者の皆さんの姿に

"やっぱりこういう演劇がなくっちゃね!" と思わされます。

 

コンサートみたいな派手で楽しい舞台もいいけれど

本格的な演劇をじっくり見て、何度も心の中で反芻して考え続ける、そんな時間も幸せ。

 

東京公演の評判もとても良かったようです。楽しみです。

大阪近辺お住まいの方、よろしければ観に行かれてみませんか?

11月3日〜7日 森ノ宮ピロティホールにて。(当日券もあるみたい)

詳細情報はコチラ → 「シアターコクーン・オンレパートリー2016  るつぼ」

 

 

 

そんなわけで、今週末は大阪で舞台を見ますので

GPSロシア大会と東日本選手権はパス! 

しょーま、刑事、がんばってね〜!

週明けにまたBSで放送があったら、それを見ようと思います。

 

 

 

 

 

| 演劇・舞台 | 13:21 | comments(7) | - | pookmark |
玉置玲央くんじゃ〜ん!!
大河ドラマ「真田丸」を見ていたら
織田信忠を若い色白俳優さんが演じておられる。

あれ? この人知ってるぞ? この顔・・・??

番組のオープニングを見逃した(夕飯食べてた)ので、役者さん名のチェックができていませんでしたが
たしかにこの人知っている。
えーと、えーと・・・・。


「真田丸」の公式サイトを調べたら

なんと!! 玉置玲央!!


なんだよー! 道理で見たことあると思ったよー!!
チョンマゲとチョビ髭でよくわからなかったよ(笑)

玉置玲央くんは、私が大好きな舞台役者さんで
ブログでも何度かご紹介しています。
ついに大河登場ですか!! すばらしい!ラブ

以前の記事に、ワタクシこう書いておりました。
「知っていた方がいいよ、堤真一も、町田樹も、玉置玲央も。
Especially な人たちだよ、まちがいなく。」

(過去記事コチラ: http://kanze.jugem.jp/?eid=2298 )

ねー。玉置玲央は来ますよ! 皆さん覚えておいてね♪

この後何回出てくれるかしら。真田丸が一気に楽しみになったハート


ちなみに、先ほど挙げた過去記事は、まっちーのことを書いた記事なので
読んだらなつかしいかもw


 
| 演劇・舞台 | 21:45 | comments(2) | - | pookmark |
舞台が続く・・・・
センター試験2日目ですね。受験生の皆さん、そして親御さん、がんばってますか!?
今日が終わったら少しホッとされることでしょう。あと少しがんばってください。
来年は我が身だよ〜〜(怖)


先週も大阪で堤さんのステージを見まくったわけですが
今週末もステージがいろいろありました。

金曜の夜は、以前レポーターをした演劇ワークショップで知り合った方の関わるイベントがあり
ご招待いただいたので見に行って来ました。
50人位しか入らない小さな劇場で、演じる方も観客も大学生〜20代の方ばかり。
さすがに肩身が狭かった(笑)
自分もこういう世界に身を置いていたはずなのに
いつの間にか親世代になってしまっていて
「なんか年配のオバサンが来たぞ・・・」なんて思われてるんじゃないかと(←いや、そんなこと思ってないでしょうけどw)
入るのに勇気が要りましたことよ(笑)

こちらのイベントは、サークルの発表会みたいな感じで、
コンセプトややっていることはおもしろかったけど、とくに批評するようなものではありませんでした。
若者が楽しくやっている雰囲気を楽しませていただきました(^^)


そして昨日は、バレエのステージを見に行って来ました。
こちらは大きなイベントですよ。

(公式Facebook    https://www.facebook.com/performancemichi/)

私の友人のお子さんが所属しているバレエ教室も関わっていて、その子たちも出演しているので、
見に行かせていただきました。
まぁ〜〜〜、大きなイベントで驚きました!(@ @;)
パンフレットには県知事と福岡市長の挨拶。
ゲストダンサーも、福岡にゆかりのあるダンサーさんで、すごい人ばかり。
会場は福岡サンパレス。2000人くらいは入る大きな会場です。

少し遅れて行ったら3階席しか空いていませんでした。
3階席は見下ろすような席で、舞台も遠〜かったですがが、
その分舞台の大きさがよくわかったんですけど
普段自分たちがやる発表会の3倍くらいは広かったですね、ステージが。
そこへ、出るわ出るわ、子どもバレリーナが次から次へ100人くらいは出て来ましたね。
よくもまあ、これだけの人数を使って、作品を作り上げたものだと思います。
ちゃんと踊れる大人のダンサーならできますけど、子どもに指導するのは本当に大変ですからね。

第一部が創作バレエ、第二部がコンテンポラリー、第三部が「眠れる森の美女」全幕でした。
創作バレエは遅れて行ったため半分くらいしか見れませんでした。

コンテンポラリーは・・・・私、コンテンポラリー大好きなんですけれども
すごく素敵な踊りを見られて感動しましたね〜。3階席じゃなくてもっと近くで見たかった!
ああいう、鍛えられた身体で自由に美しく動くコンテンポラリーダンスを見ると
普段クラシックバレエで、トウシューズに縛られ、髪を結いあげ、決められた形にポーズを決め
まっすぐ天を突くように立たされるという、
厳しい決まりにがんじがらめに訓練されている身体が
自由に解き放たれた感じがして、
本来の生きた人間の美しさが放出される。そんな感じを受けるんですよね。

(公式Facebookに、私がすごく気に入ったコンテンポラリー作品の練習お写真がありました。
どんな雰囲気の演技か、興味のある方はご覧になってみてください。
https://www.facebook.com/mari.hoashi/posts/10208247669970317


そして最後はなんと「眠りの森の美女」の全幕でした。
私はこれを全幕を通して見たことはなかったですし、
発表会ではなくて、ちゃんとしたバレエ作品の舞台を見に来たほどの完成度だったので
とても楽しめました。
ダンサーさんも一流でしたしね。得した気分です。

すごく豪華なイベントだったわけですが、一応「vol.1」となっているので
今後もまた続けて行くのかしら。大変だわ〜。
これを主催している先生は、福岡でも力のある有名な先生ではありますが
すごいバイタリティーだなと思いました。



このところ、ずっと舞台が続いて、しかもいろんなジャンルで、楽しめましたけど、
ちょっと頭の中がフワフワしていますね。
来週は学校関係の大事な行事に出なくてはいけないので、頭を切り替えないと。
スケートも見ないと(笑) MWO見るの楽しみ♪


 
| 演劇・舞台 | 09:39 | comments(2) | - | pookmark |
アラン・リックマン 逝去
イギリスの俳優、アラン・リックマンさんが亡くなった。

驚いた。
がんだということだが、がんに罹っているなんて知らなかった。
元気そうだったし、この前結婚したばかりだったし。

アラン・リックマンといえば、ダイハード1作目の悪役、ハンスが有名。
かっこよかったよね〜、知的だけど極悪感が漂って。


それからもちろん、ハリーポッターシリーズのスネイプ先生。
最後に、リリーへの永遠の愛を告白するセブルスは泣けました(;;)

ハリーポッターフリークの娘No.1も大ショック。
最初にこの訃報を教えてくれたのは娘。
「スネイプ先生が・・・スネイプ先生が・・・」と言って2階から下りてきた。

初代校長も亡くなってしまったし、まさかのスネイプ先生も亡くなって
ハリポタファンはつらいよねぇ。


私にとって、アラン・リックマンは舞台俳優としても思い入れがあります。
蜷川幸雄演出の「タンゴ・冬の終わりに」を、イギリスで上演した役者さんです。
「タンゴ・冬の終わりに」は、堤さんも主演(清村盛 役)したから見たんだけど、名作です。
堤さんの舞台パンフレットには、昔演じたアランがコメントを寄せてくれていました。
160114_2308~01.jpg
 (堤さんの舞台パンフより)

だから盛さんつながりで、勝手に親近感と好意をおぼえていました。


はー、残念だ。さびしい。
イギリスは大物さんが続けて亡くなって、国中ショックでしょうね・・・。


 
| 演劇・舞台 | 23:00 | comments(2) | - | pookmark |
ゴールデンウィークの悩み

おかげさまでだいぶ元気になりました!
しかも今日はちょっとうれしいことがあったので♪


うれしいこと1つ目はこちら。めーやんさんに教えていただきました。
昨日のスポーツマネジメント学会に出席された方のツイート。
(このツイートなら問題ないかなと思って貼り付けましたけど、まずかったら教えてください)



「楽しみにしていた町田さんの報告、素晴らしかったです」

これだけでは何もわかりませんが、
一言でも誉めて下さっていることばを聞くことができて、
つつがなく発表を終えたのだなと思い、安心しました。
サイトに発表されるのが楽しみです。


もう1つ。
堤さんの春の舞台「ARCADIA」の先行販売案内が来ました。

151221_2220~01.jpg

東京は久しぶりのシアターコクーン。大好きな劇場です。
トム・ストッパードという現代劇作家の巨匠の注目作、
演出も栗山民也さんということで、本格的硬派なお芝居のはずです。
俳優陣も豪華です。
(堤真一、寺島しのぶ、井上芳雄、神野三鈴 ・・・・)
公式サイトはこちら: http://www.siscompany.com/arcadia/

今やっている「才原警部の終わらない明日」では、ものすごいはっちゃけぶりを披露しているはずですが
こちらの舞台では一転、日本を代表する演技派俳優としての真髄を
しっかり見せてくれることと思います!
この振り幅の広さが、堤さんの魅力の一つ。しかもどちらも素敵 ハート
観客としても今度は、むずかしいお芝居をじっくり見て、いろいろ深〜く考えることになるはず。
非常に楽しみです。


・・・・・で、
先行予約の案内が来たから、日にちを検討しなくてはならないのですが

これが!
これが私を身もだえするほど悩ませておりまするっ!!汗




 
続きを読む >>
| 演劇・舞台 | 22:33 | comments(3) | - | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS