Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
どうなるんだろうか

コロナの感染者数がどんどん増えている。

困った。今後どのような動きになるのだろうか。

また緊急事態宣言や、外出自粛や休校なんていうことに、なるのだろうか。

そうならないで、この流行を抑えることができるのだろうか。

 

 

娘No.3のバレエの発表会が近づいている。

 

もともとは7/23だった。オリンピックの開会式の日だ。

けれど4月5月にコロナが大流行し、緊急事態宣言が出て

バレエのレッスンは自宅でのオンラインレッスンになった。

本来なら、発表会の演目の仕上げに入る時期だし

娘は男性ダンサーの指導を受けたりするはずだったのだが

先が全く見えなくなった。

 

男性ダンサーは東京などから呼んでいるので、来られなくなり

たとえ発表会ができても男性との踊りは不可能になった。

そもそも、自粛期間が(当時は)いつまで続くかわからず

6月いっぱいくらいまでレッスンができない状況となったら

残り1ヶ月で舞台で発表できるレベルに仕上げるのは無理なので

(大きい子はそれなりにできても、幼稚園児や小学生には無理)

発表会自体 開催不可能になる。

 

先生はそれでもあきらめずに、ギリギリまでホールの予約は動かさずにいた。

レッスンも、緊急事態宣言も解けたので

6月の後半からは少しずつ少人数で、スタジオでのレッスンを再開した。

しかしさすがに7/23は無理そうだということで、8月に取り直した。

取り直した頃には、感染者数がだいぶ収まって来ていたのだ。

秋冬になると第2波が来るかもしれないので、なるべく早めにやってしまおうということで、

踊りをなんとか仕上げられるギリギリの近い日にちを選んだ。

仕上げる時間が十分ではなく、質は落ちるかもしれないが、

これまで頑張ってきたことをなんとか発表させたい、という熱意からである。

 

 

続きを読む >>
| バレエ | 23:47 | comments(2) | - | pookmark |
巣ごもりシアター 「マノン」

JUGEMテーマ:バレエ

 

私はバレエが好き好きと言っている割には

それほど舞台を見たこともないし、詳しくもない。

娘が大きくなってきて、グランドバレエやダンサーにも具体的興味を持つようになり

それと一緒に自分も、勉強というか、意識して鑑賞するようになった。

 

ポツポツと見る中で私が大好きになったのが

新国立劇場バレエ団の米沢唯さん。

完璧なプロポーションと技術はもちろんのこと、単純に顔が好み!(笑)

そしてその魅力的な顔に加えてのすばらしい演技力!

いつかナマで見てみたいものだ。

 

で、この自粛期間に新国立劇場ではオペラやバレエの配信をしているのだが

前記事に書いた通り、今日まで公開されていたバレエが「マノン」。

主演が米沢唯さん、相手役が今をときめく世界的(王子様)男性ダンサー、ワディム・ムンタギロフ君!

しかもついこの前、2020年2月末の公演だという。

これはお得だ!! 見なくては!!

・・・と思い、娘と一緒に見始めた。

 

実は娘は一幕で眠くなってしまって(見始めた時間が悪かったw) 途中離脱してしまったのだが

私は最後まで見た。

 

これが・・・・想像していたのとは全然違う踊りで・・・・衝撃を受けた。

 

私はごく簡単なあらすじ(どんな男性をも虜にしてしまう魔力を持った美少女マノンが、学生デ・グリューと恋に落ちる。しかしマノンの兄は大富豪GMと懇意になるように誘い、お金や宝石に魅せられたマノンはGMの元へ。宴会の場で再会して復縁を迫るデ・グリューに、マノンはトランプでいかさまをしてGMの金をまきあげさせようとするが失敗。その後アメリカへ娼婦として売られたマノンは、追ってきたデグリューと再会するが、弱り切っていて彼の腕の中で死んでしまう)しか知らずに見たのだが・・・。

 

まずは性的・性行為的描写が多くてリアルなのに驚いた。

娼婦が大勢出てきて男性を誘うわけだが、脚を見せたり媚びてみせたり。

それを男性が品定めして連れて行く。

その踊りがなまなましいのだ。

他の作品でももちろんそんなシーンはあるのだが、マノンのなまなましさは特別だ。

マノンとデ・グリューがイチャイチャするシーン(有名な寝室のパ・ド・ドゥ)も、

恋人同士だからそりゃあイチャイチャしても問題は無いが、他のバレエ作品にはなかなかないリアルさ。

で、一番驚いたのが、アメリカに売られたマノンが捕まり看守に陵辱されるシーンで、

それこそ性行為がリアルにわかるような動き。

娘は一幕で脱落して見なかったわけだが、娘と見ていたらけっこう気まずかったんじゃ?と思うほど。

 

あとでいろいろな解説を見たら、性描写に賛否がある、という記述を見つけて

さもありなんと思ったことだった。

(現代バレエもそうだが、案外性的な描写だったり性的なものを暗示させる作品は多いよね。

人間の根源を芸術で掘り下げると、そういう風になるのは避けられないのかもしれない)

 

しかし性描写がなまなましいだけではない。

踊りが超人的技術を要求されるレベルの高さなのだ。

見ながら何度も「はぁ!?」と思い、目が点になった。

 

そして演技力も要求される。

マノンは魔性の女であり、しかもデ・グリューと純愛もし、お金に目がくらむ側面もあり、

身分的にも修道女、宝石毛皮ジャラジャラの高級娼婦、最底辺の汚れきった売春婦と演じ分けなくてはならない。

 

大好きな米沢唯ちゃん、渾身の演技でさすがでした。

最後の第三幕では、唯ちゃんがこんなになっちゃうんだ・・・(・Д・;)と

愕然としました。

 

 

まぁ、踊りの描写やダンサーの技術もすごいんだけど

何よりストーリーが持つ迫力とドラマ性ね。

とにかく圧倒される舞台ですよ。

バレエホリデイのトークの中で、マノンを踊りたいと言っている男性ダンサーがいたが、

わかる気がした。

高いレベルのダンサーだったら挑戦したくなる舞台だろうな。

 

 

とにかく衝撃のステージでした。見て良かった。

でも好きか嫌いかと言われたら、あまり好きな作品ではない(笑)

胸が痛いんだもの〜〜〜(笑)

だけど、また見てみたいな(←矛盾) いつかナマで見てみたい。

 

 

 

 

 

| バレエ | 10:30 | comments(5) | - | pookmark |
バレエホリデイ@home 視聴

JUGEMテーマ:町田樹

 

昨日、バレエホリデイの配信を、最初の3時間視聴しました。

どんな風に放送されるのかなーと思ったのですが、

Dancer’s talk に始まり、リレーメッセージを挟んで

その他のコンテンツ・・・星野源のダンスやら、バレリーナを描こうやら、エクササイズやらが流れました。

 

リレーメッセージは、後半は同じ映像だったりしましたね。

 

もっとも楽しみにしていた Dancer's talk

最初の、上野水香さんと高田茜さんとのトークは、

トウシューズの話、レッスンでのリアルな話、留学についての話など、娘にも参考になるような具体的な内容が多くて、興味深〜く聞きました。

次の柄本弾くんと秋元康臣さんのトークは・・・秋元さんの映像(スカイプか何か?)の声が聞き取りにくくて、ちょっと残念でした。

弾くんはさすがにトーク慣れしてる感じw(テレビのバレエ番組などにもよく出ているからね)

そしてもう1組の、さんと山本康介さんのトークを一番楽しみにしていたんですが

お二人のトークはプログラムの最後、つまり3時間の配信の一番最後だったんですよね(^ ^;)

HPへの掲載は、水香×茜、茜×康介、弾×康臣 という順番だったのですが

掲載通りの順番とは限らないってことなのかしら?

とにかく一番最後だった、茜さんと康介さんのトーク。

康介さんは、本当に誰とでも親しくなれる感じの、みんなが好きになってしまうような人。

しかもバレエの研究もすごく熱心にされていてすごく詳しい。

町田くんと似たようなタイプかもしれないなー、なんてちょっと思いました。

 

その他のコンテンツも楽しかったけれど

本当に3時間、画面の前から動けなくなりますな〜。

 

「バレリーナを描こう」は、

ちょうどその時リビングにやってきた娘No.2に「ほら描け!!」と言ったのですが

「え!? え!? ちょっと待って!」などと言いながらガサガサッと描こうとして

「全然無理っ!!」と言って投げ出してしまいました(笑)

映像がぐるぐる回ってたのが描きにくかったみたいw

そういうものだとわかっていれば、そういう心積もりで描くんでしょうけど。

気に入ったアングルで、一時停止して描くのが正解かな。

 

 

さてさて、

一度見てみて、こういう感じなのか〜という予習ができました。

今日(26日)はいろいろと用があって視聴できませんでしたー。

明日27日は、新しいコンテンツもあるけれど、トーク等は再放送みたいですね。

 

 

そしてあさって28日から、いよいよ町田くんが登場します!

 ↓ こちら、クロストーク出演の一覧が発表されました。

 

一番最初に名前が書いてあるけど、一番最初に出てきてくれるかなー。

それにしてもなんで町田くんだけ太字で書いてあるのでしょう?

 

 

 

| バレエ | 21:57 | comments(0) | - | pookmark |
バレエホリデイ@home についてもう少し

JUGEMテーマ:町田樹

 

バレエホリデイ、詳細サイトページができあがったようです。

https://balletholiday.com/2020/info/

 

まず、「配信は25日 10:00〜」とありますね!

10時からいろいろと見られるようになるのですね。

 

「PICK UP」 を見ると、日にち限定で見られるバレエプログラムが紹介されています。

いずれも東京バレエ団の作品。

25日 「ジゼル」

26日 「薔薇の精」

27日 「小さな死」

29日 「海賊」ACT 1〜3

 

「バレエを見よう」「Dancer's talk」は、日時が書いていないのですが

まだハッキリ決まっておらず、この後明らかになるのかもしれません。

 

こちら、バレエホリデイのツイート↓

 

「町田さんの出演映像は現在28日、29日公開の予定ですが

少しでも公開をはやめられないか?必死で編集中」

とありますね。

ツイッターなどをチェックしたり、ホームページをまめに見たりして、

配信日時に気をつけていた方が良さそうです。

 

町田くん、素敵なスーツですが、ネクタイは安定のペイズリーですな(笑)

 

 

こちら、イベントの宣伝動画も作られたようです。

 

 

最後に町田先生ご登場!

ですが、声がちゃんと拾えてませんね〜〜(^ ^;)

耳をすませて聞きましょう。

 

 

 

 

| バレエ | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
岡山より・・・ぁ 覆發Φ△辰討たけど)

 

パピオの存続署名につきまして・・・

こちらのブログで代筆&FAXを受け付けておりましたが

このたび存続の会ツイッターで

「FAXは認められない可能性がある」とのお知らせがありました。

しかーし!ご心配なく。

FAXした原稿が手元にありますので、これを郵送させていただきます。

今後ももし代筆ご要望の方がいらっしゃいましたら、お申し込みいただければ

代筆して郵送をいたしますので、

今後ともよろしくお願い申し上げますm(__)m

 

署名に関する記事は → コチラ

 

   *****

 

 

さて、先ほどまで『明法 ON ICE』のライストを見ていて

大感激していたところです。

本当に素晴らしいイベントでした!!

これについても書きたいのですが・・・

バレエの流れなので、先に娘のバレエのことを書きますね。

 

 

続きを読む >>
| バレエ | 00:38 | comments(8) | - | pookmark |
岡山より・・・

 

パピオ存続への署名、たくさんのご協力本当にありがとうございます!

引き続き代筆も承っておりますので、よろしくお願いします。

署名に関する記事は → コチラ

 

 

      *****

 

今回のコンクールは2日間あり、

1日目は夕方からワークショップが2コマ。

1コマ目がクラシックバレエ、2コマ目はコンテンポラリー。

2日目は午前中にクラシックバレエが1コマ。

そして午後がコンクールです。

 

 

まずは私のミニ岡山観光〜!(笑)

 

2日目、朝早く大阪のダンナの家を出て、再び岡山へ。

明るいし良い天気だったので、少し撮影を(^ ^)

 

岡山駅

20200225_2774716.jpg

 

桃太郎銅像

20200225_2774714.jpg

 

街中を市電が走っていますが

この日はチャギントンに逢えました〜!(笑)

20200225_2774720.jpg

 

それから午前中のワークショップの間に私は

一人で岡山城まで散策に行ってきました。

20200225_2774712.jpg

めっちゃくちゃ良い天気! 気持ちよかった!

お城の敷地内はよく整備されていて美しかったし

周辺もお堀?川?が広々とあって、その向こうが後楽園で

すごく気持ちの良い素敵なところでした。

ただパンプスを履いていたし、時間もなかったので

あまり歩き回れず、お城だけでおしまい。

次回は後楽園にも、県立美術館にも行きたいですー!

 

ワークショップ後は娘と、岡山名物エビメシとやらを食べました。

20200225_2774718.jpg

暗くて真っ黒でなんだかわからんね(^ ^;) おいしかったです!

 

 

ではまずワークショップのもようを。

 

続きを読む >>
| バレエ | 22:07 | comments(0) | - | pookmark |
岡山より・・・

パピオ存続への署名、たくさんのご協力本当にありがとうございます!

引き続き代筆も承っておりますので、よろしくお願いします。

署名に関する記事は → コチラ

 

 

      *****

 

会場に着きました。

 

控室には、似たような年格好の女の子が、

(当然ですが)バレエの格好をして集まっています。

 

 

 

続きを読む >>
| バレエ | 20:34 | comments(2) | - | pookmark |
岡山より・・・

 

パピオ存続への署名、たくさんのご協力本当にありがとうございます!

引き続き代筆も承っておりますので、よろしくお願いします。

署名に関する記事は → コチラ

 

 

      *****

 

今日は娘の付き添いで岡山に来ています!

岡山で行われるバレエのワークショップに参加をします。

(出先でiPadで入力しているので、おかしなことになってたらすみませんw)

 

 

 

続きを読む >>
| バレエ | 16:20 | comments(2) | - | pookmark |
バレエメイク

娘No.3の、ワークショップ&舞台発表が近づいてきました。

 

今回参加するワークショップは、最終日にステージ発表があって

これがかなり大きなホールだし、衣装も着けなくてはならないので

当然ですがメイクもします。

しかし今回、個人的に申し込んだものなので、先生がついて来てくれません。(県外だし)

コンクールではないので、先生が来なくても大丈夫なのです。

だけど、問題はメイクです。

 

これまでの発表会やコンクールは、先生がメイクをしてくれていました。

つまり私も娘もやったことがない。

だから自分たちでできるようにならなくちゃいけません。

そもそも娘は、将来的にバレエをやるなら、自分でメイクできなきゃいけないんです。

だからいい機会なので、一緒に練習をすることにしました。

 

とりあえず100均で、必要最低限のものを買ってきました。

リキッドアイライナー、アイペンシル、ホワイト(アイシャドウの白)、白ペンシル。

100均だからモノが悪いのは承知なんですが、

とりあえず顔に塗りたくる練習からと思って(笑)

 

 

バレエメイクは、ご存知こんな感じになるわけですが

(写真:舞台メイクねっと さんより)

 

一番難しいのが目です。

目の中でも特に、「ダブルライン」というのが難しい。

(写真:Ange ballet さんサイトより)

こういうやつです   まぶたの上の線。

この線がチョーー難しい。

うまく描けないし、うまい角度に決まらないし、左右対称にならない。

そもそもどの辺りに引くのが正解なのかがよくわからないw

さらに目の下にもアイラインを引くのですが、これがさらに難しい。

場所も太さも長さも角度も、さっぱりわからない。

(この写真のモデルさんは目がスッキリしていて描きやすそうですが

うちの娘は涙袋がけっこうぷっくりしているので、さらにどこに描いたらいいか謎)

 

また、これに加えてアイライナーでがっつり目の上を塗るわけですが

これが百均の安物では全然うつらないwwwww

身勝手な女子高生はすぐ怒り出します。「描けん!」「うつらん!」「使えん!!!」

 

・・・うるさいなーーー。練習なんだから"うつった体(てい)" でやれよ!!

仕方なくアイペンシルで、塗り絵みたいに塗りつぶします。

 

 

このあとアイシャドウを入れるのですが、

試し用に買ってきた青のシャドウが、紫がかっていたんですね。

娘は水色っぽい、明るい色を期待していたらしく、「・・・何コレ」

いや、100均だもの、そんな様々な色はないんですよ! いいじゃないか何色でも!!

 

さらに仕上げにいろんなところにホワイトを入れるのですが

これもあまりつかなくて、うまくいきません。

「つかん!!」「使えん!!」

 

・・・・・・んもーーー・・・・・(- -;)

 

やっぱり安物じゃダメですねw キレイに出来ないし。

まぁでも、未だかつてメイクなどしたことがないわけですから(プライベートでもお化粧などは一切しない我が家のJK)

こうやってこの辺りに塗るんだ とか、顔に線を描くってこういう感じなんだとか、

思いっきりやったつもりでもたいして塗れていない とか、わかっただけでも

ちょっとは進歩したんじゃないでしょうか(笑)

 

そろそろ先生にメイク道具を借りるか、チャコットとかでちゃんとしたものを買うかして

マジメイクもやってみなくちゃ。

先生の前でもやってみて、指導してもらわなくちゃ。

もーね、母もあんまりメイクしない人間だから、ダメね(^ ^;)

 

 

 

| バレエ | 16:06 | comments(2) | - | pookmark |
バレエレッスン初め (ぞめ と読む)

昨日・今日と、娘No.3はバレエの外部レッスンを受けてきます。

講師は、益子倭さん。

少し前まで K-Ballet に所属し、BALLET GENTS のメンバーでもあった方です。

(こんな方です→https://plus.paravi.jp/entertainment/000627.html

 

 

このお話をうちのスタジオの先生に紹介していただいたのは、まだ夏(8月頃?)でw

正月の予定も何も立っていなかったのですが「受けます!!」と即答。

その時の申し込みは基礎レッスンだけだったんですけど、

後から空きができたと聞き、アダージオレッスン(男性と組むレッスン)も申し込むことができました。

 

 

No.3は、バレエに進むか普通の大学に進むか、まだ決まっていません。

気持ちとしてはバレエに進みたいようですが、

頑張ってはいるものの、圧倒的に経験が足りません。

うちのスタジオではNo.3がほぼトップなのですが、外に出たら全然下手なのはわかってます。

ですので私は積極的に、外部レッスンを受けさせようとしています。

レベルの高い人に囲まれて練習する機会が無いと

上達もしないし、現実も見えないでしょう。

(ブログにも書きましたが)昨年は、春には関西でのワークショップ、

夏には福岡Kバレエのワークショップ、東京の新国立バレエ研修所のワークショップを受けました。

冬にはとある団のオーディションも受けさせました(もちろん落ちたw)

そして今回は、益子さんのワークショップ、2月には別のワークショップを受けます。

 

今回のWSのように、一流の男性ダンサーの指導などは受けられるチャンスはそうそう無いので、ものすごく貴重です。

 

今回は約2時間 バーレッスン等の基礎レッスン。

そして2時間は男性と組むレッスン。課題は「海賊のパドドゥ」。

益子先生がアリ役をやってくださり、リフトやプロムナード(女性がアラベスクなどをして、男性が手を取り周りをゆっくり回る)を教えて下さいました。

 

男性ダンサーの数は圧倒的に少なく、

特に地方にはほとんどいないので、

どの発表会にも同じダンサーが出ていたり、遠くからお招きするのでお金がすごくかかったりします。

でも男性と組む動きは一人では練習できず、おまけにとても難しいので

指導を受けるためには何度か男性ダンサーに練習に来てもらわなければならず

おのずとレッスン料が余計にかかるとか、本当に大変なんです。

ですからこのように、外部レッスンで男性が教えてくれるのは、

(さっきも言いましたが)すごーく貴重なのです!

 

アダージオレッスンは10名でしたが、

益子先生はその全員をリフトし、うまくできない子は3度4度と持ち上げて教え

さらに最後に通しでパドドゥを全員と踊る(1人につき2回のリフトあり)、ということで

軽く50回以上はリフトしたと思います。ものすごいです。

女性が上手ならリフトも楽なんですけど、初心者はうまく上がらないですからね。 

それにプロと違って、痩せている子ばっかりでもないですからね。

負担がものすごいはずです。

益子先生、小柄だし華奢に見えたのに、本当にタフで驚きました。

明るくてニコニコしているし、踊るときはどの回もほぼ全力で踊って下さるし

とてもありがたかったです。

 

実は次の夏に、うちのスタジオの発表会があり、

「海賊」をやる予定になっていまして

ちょうどうちの娘はこのパドドゥを踊ることになっていたのです。

今回偶然にも課題としてやっていただけて、本当にラッキーでした。(海賊をやるとは知らずに参加しました)

 

 

今日も午後からレッスンを受けてきます。

今日もアダージオレッスンありますが、今日は何をやるのかな〜。

以前にも書きましたが、バレエのレッスンを見られるワタクシの特権、すっごく幸せです。

今回は特に GENTS のメンバーの踊りを目の前で何度も見られるわけで、

なんという眼福でしょうか! ありがとう娘w

しかし浮かれているのは母だけで、娘は必死で真面目に受けているのでありました。

GENTS にもさほど興味ないのか「へー」と言う程度で

手を握られようが、腰をつかまれようが、顔を十数センチまで近づけようが、

それどころではないようですw

そんなことを気にしていたら踊れませんもんね。(実際、先ほども書きましたが男性との踊りはとても難しいんですよ。集中して必死でやらないとできないんです)

ダンサーは大変ですな。

 

 

お写真撮っていただいたので、小さ〜く掲載。

20200106_2747901.jpg

 

生徒さん皆さんとの撮影に気さくに応じて下さっていた益子さん、

カメラを向けた途端、ビシッとキメ顔やキメポーズになるのが凄かったw

 

 

| バレエ | 10:03 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS