Backstage Cafe*

楽しくって美しくって心揺さぶられるものがスキ。
演劇とか、フィギュアスケートとか、堤真一とか。
タツキ好きすぎてつらい党本部。

どうぞおしゃべりしていって。

旧ブログ 「観世音寺シアター *楽屋*」




PIW広島 ラスト ボレロ から1年

JUGEMテーマ:町田樹

 

昨日は、《ボレロ》ラスト公演の日だったんですね〜。

なんだか、ずっとずっとずっと昔のことのような気がします。

でも、こう言っちゃなんですが、私にとっては埼玉よりも印象深い遠征でした。

なぜだろう、何もかも初めてだったし、ちょうどよくこぢんまりしていたからかな(^ ^)

 

広島、本当に楽しかった。

広島の楽しかった思い出の記事を、貼っておきます。

 

当日のリポート →「8月19日の写真レポ」

 

《ボレロ》の感想 →「私の、最初で最後のBolero」(我ながらけっこういいことを書いてあるw)

 

そして町田くんからの当時のメッセージ →「公式更新「出演を終えて」」

 

 

あの時の熱狂が蘇ります。

なんだか夢を見ていたみたいです。

ムチャクチャ楽しかったなぁ・・・。

今になると悲しいとか淋しい思い出はほとんどない、ひたすら楽しかった。

 

もうこの先二度と、私があんな風に情熱を燃やすことはないだろうな、とさえ思います。

 

あの熱狂さえも、町田くんが演出したもので、まんまと乗せられてしまったような気さえしますね。この広島と、10月の埼玉と。

くそー、タツキめ。感謝しかないぜ!!w

 

| 町田樹  | 09:53 | comments(1) | - | pookmark |
戦争を学ぶ8月

8月は、原爆記念日、終戦記念日などがあり、

戦争について考えさせられる月だと思うんですが

最近の私は、8月は(時間もあることだし)好んで戦争番組を見たり、本を読んだり、資料を調べたりしています。

 

自分も年齢が上がって考え方も変わって来ましたね。

昔の、若者として戦争をどう見るかという思いよりも

だんだん戦争を知らない世代の人が増える中で、どう戦争を伝えていくべきか、とか

自分の子や孫の世代には社会はどうなっていくのだろうかとか、

そういう「伝えていく側」の責任について、思うようになりました。

そう思いながら、戦争関連の番組などを見ると

私って何も知らないな〜って愕然とするのです。

 

昨年はインパール作戦のことについて、ずいぶん勉強しました。

今年は、NHKスペシャルの影響で、ガダルカナルの戦いのこと、

それから二・二六事件のことなどについて、勉強しています。

興味を魅かれるのは『愚かな指導者』ですね。

もちろん日本全体がおかしくなっていたのですが、中でも軍部の思い込みは強く

さらにその中で特に、愚かな指導者というものがいるんですよね。

その者たちのせいで、何万、何十万という兵士が無残に亡くなっている。

(この人数の単位のおかしさね)

 

 

昨日見た映画「アルキメデスの大戦」も非常におもしろかったです。

これは、マンガが原作のようですが、内容をほとんど知らずに見に行きました。

(菅田将暉が天才数学者の役で戦争を止めようとする主役、ということしか知りませんでした 笑)

 

 

ザックリ言うと、満州国建国や日中戦争の頃、そして第二次世界大戦を目前に控えているような時に

戦艦を作る計画が持ち上がるのですが

巨大戦艦を作るべきか、空母を作るべきかということで、陸軍と海軍の意見が対立するのです。

空母を作りたい海軍側は、陸軍案の巨大戦艦の安すぎる予算の疑惑を暴こうと

菅田くん演じる 櫂(かい)少佐に、不正を見つけるように頼み、櫂少佐が奮闘する、という話。

 

菅田くんはかっこよく、部下となる柄本佑くんもさすがの演技。

またVFX(by 山崎貴)がもう本当に素晴らしい! あの人なんでも作れるな!!

 

 

 

櫂少佐を突き動かしたのは、戦争を回避したいという強い思いだったわけですが

結局、戦争が起こることはすでに避けられない状態だったわけで

その中での彼の奮闘がつらくむなしいですし

軍部のトップの勝手さというか・・・愚かさというか・・・

なんかもう、みんなおかしくなっていたのね(;;)と思ってしまうような無茶苦茶さがね。

とても重くつらかったです。

 

大好きな田中泯さんもとても良かった。(写真右)

 

彼にしては珍しく、ずいぶんな悪役だなと思って見ていたんですが、

最後が、これがねぇ・・・・(- -;)ハァ。

あなたは天使なの?悪魔なの? なんなのそのささやきは?? ・・・って感じです。

続きは劇場で!!!(笑)

 

 

娘No.3と一緒に見たんですが

すごく面白かった!!という気持ちを抱えつつも、心は重〜〜くなってしまいまして。

娘も「はぁー重い・・・はぁぁー重い・・・」と繰り返していました。

それだけ、考えさせられる作品です。(でも娘に見せられてよかった)

 

なかなかに悲惨な映像も出てきますが、

先ほど言ったように戦艦などの再現がすばらしいので、

戦艦が好きな人(艦コレファンとか?w)は感激するかもしれない。

 

 

今、社会は、

世界的にも身勝手な指導者がいろいろな国で生まれているような気がしますが

本当に「愚かな指導者」というのは、ダメです。

私たちがちゃんと、人間を見極め、

愚かな人は選ばない、選んだ後で愚かだと分かった時は断固として従わない、という気持ちを

大切にしないといけないなと思います。

政策や、パフォーマンスじゃない、人間性ですよ大事なのは。

(この前の参院選でも思うところがあるわけですがね。)

一人一人の国民は小さな存在ですが、まとまって判断を誤ると愚かな指導者を選んでしまい

社会が、国が、世界が滅びます。

それを肝に銘じておきたいなと、私は戦争を学ぶにつけ思うのです。

 

| 社会問題 | 17:38 | comments(0) | - | pookmark |
あてがはずれたこと

昨日は映画「アルキメデスの大戦」を見てきました。

ひっじょーーーに面白かったです!!!

とてもよく出来ているし。機会がある方はぜひご覧になってください。

こんな、我が家の個人的内情日記を読むより、ずっといいので(笑)

もうブログ読むのやめて、映画を見に行ってください!(コラコラ、せっかく読みに来ていただいたのに!)

 

また感想も書きたいです。

 

 

さて、では内情日記をw

 

 

 

続きを読む >>
| 実家 | 14:05 | comments(4) | - | pookmark |
神社のこと

実家での最後の夜は、きょうだい会議(笑)

父には申し訳ないけれど、父抜きの話をしたかったんですよね。

 

が、実はかわいそうな父のために(笑) 娘No.2を東京から呼びましたー!

No.2は父のこと好きなんですよね。

この日はじーじとNo.2とでおいしいものを食べてね、と言って

私はでかけました。

(二人は鰻を食べたらしい!!)

(翌日は私とNo.2と一緒に、福岡へ帰りました♪)

 

 

きょうだいでの話し合いは居酒屋の個室で。私と弟と妹。

こうしてゆっくり一緒に食事(飲み)会したり、話をするのは

大人になってから初めてかもしれない。

実家で集まることはあったけど、親や自分たちの子供がいて、ゆっくり話せなかったですもんね。

 

 

続きを読む >>
| 実家 | 11:49 | comments(0) | - | pookmark |
父とのこと

さて、すっかり放置していましたが

今週のあれこれをようやく書き始めようと思います。

 

小磯良平美術館に寄った後には、静岡の実家に帰りました。

今回の目的の一つは、一人暮らしの父の様子を見るため、

もう一つは今後のことについてきょうだい会議をするためです。

 

父はしっかり者なので、男一人暮らしにしては、しっかりと暮していると思います。

食事も摂っているようだし、家もそれなりに片付いているし、

散歩へ行ったり、病院へ行ったり、健康管理もしているみたい。

友人とハイキングに行ったりもしますし、

神社の仕事も一人でこなしています。

 

今回も実家は特に乱れた様子はありませんでした。

 

 

続きを読む >>
| 実家 | 00:26 | comments(6) | - | pookmark |
小磯良平に逢う

20190809_2671846.jpg

神戸市立小磯記念美術館

 

小磯良平が素晴らしいと私が思うところは

デッサン力の信じられないほどの確かさ、

質感の表現、色づかい、アングル、

そして何よりも「明るさ」である。

彼の絵からは、光が発しているように見える。

肌の質感は透明感を持ち、なめらかで、輝いている。

ふとした瞬間を捉えた作品が多いが、今にも動き出しそうである。

そこにあるのは 絵ではなく、その人が、物が、そこに実際に存在しているように見える。

 

20190809_2671852.jpg

「肖像」

 

私は美術館で

何度も近寄って、老眼鏡をかけ、キャンバスを間近で見た。

するとそこには、丁寧に塗った絵の具の跡、筆のタッチが見て取れる。たしかに絵の具で塗ってある。

しかしまた数歩離れて、作品全体を見てみると

そこにいる人はやはり生きていて、今にも動き出しそうに見えるのだ。

すべてが緻密に描き込まれているわけではない。

大雑把に塗ったところ、いっそ塗っておらず鉛筆の線のままのところもある。

それなのに、生きている。

 

20190809_2671850.jpg

「化粧する舞妓」

 

どうやったら、どうやったらこのような絵が描けるのか。

なぜこんなに、光が当たっているかのように、明るくやわらかく描けるのか。

なぜそんなほんの一瞬を切り取って、絵に閉じ込めることができるのか。

 

見るたびに、信じられない気持ちになり、世界に吸い込まれる。

 

 

記念美術館では、今回は、グラフィックアートに主眼を置いた

「神戸の暮らしを“デザイン”する」という企画展を行なっていた。

 

20190809_2671842.jpg

 

小磯が手掛けたポスターや広告、緞帳やステンドグラスのデザインなどの展示があった。

デッサンや描写も天才であったが、こういったデザインにおいてもセンスを発揮していて、感心するばかりであるが

年表や、作風の変化などを追っていくと

晩年まで新しい作風や技術の研究、新しい要求に応えることに、たゆまず努力されていたことがわかった。

芸術を極めるというのは終わりのないことであるし

芸術家とは現状に満足せず、さらに先をずっと追い求めるものなのだなぁと思った。

 

 

じっくりと展示を見て

お土産に図録を3冊も買ってしまった。

いいんだ、次にいつ来れるかわからないから、欲しいものは買うと決めてあったのだ。

本当は(本物の)絵が欲しかったけど、売ってなかったw(当たり前)

 

20190809_2671848.jpg

 

当分は図録を眺め、解説を読み、世界に浸っていられそうだ。

 

 

 

 

覚えがありませんか
絶句した時の身の充実
できればのべつ絶句していたい
でなければ単に唖然としているだけでもいい
指にきれいな指輪なんかはめて
我を忘れて

(谷川俊太郎  「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」より)

 

・・・これが、私にとっての、小磯良平。

 

20190809_2671844.jpg

移築され復元されたアトリエ

 

 

| - | 00:21 | comments(2) | - | pookmark |
神戸で途中下車

神戸について、老舗の牛タンカレーの店だというので、行ってみたら

雑居ビル食堂街みたいな所で、狭いし、客も誰もおらず

おじいさんとおばあさんがヨッコラヨッコラとやっているような店なので

非常に不安になりました(^ ^;)

でもわざわざ来たんだしと、一人で入って牛タンカレーを頼みました。

味はとっても美味しかったです!  まぁ満足。

 

ちなみに私が今まで食べた中で一番美味しいと思ったのは

大阪で堤さんの舞台を観に行って、サンケイホールブリーゼの近くで食べたカレー。

なんていう店だったかな。

 

 

神戸駅の古くからある方を歩いたわけだけど

三ノ宮繁華街はキレイでオシャレかもしれないけど、こっちは雑然としてました。

 

 

さて、カレーを食べてから住吉というところまでJRで行き、

そこから六甲ライナーというモノレールに乗りました。

一番後ろの、前面全部ガラス張りの席に陣取っちゃったw

 

20190808_2671533.jpg

 

20190808_2671535.jpg

 

20190808_2671537.jpg

パノラマビューーーー!!(≧∇≦)

 

 

そして六甲ライナーの駅「アイランド北口」を降りてすぐ・・・

私にとっての聖地!!

小磯良平記念館です!!

 

20190808_2671539.jpg

 

 

 

 

| - | 15:35 | comments(0) | - | pookmark |
静岡に向かっています
今日からは実家に帰省です。
娘No.1が帰ってきてくれたので、犬の世話は娘に頼んでいます。

今日は朝イチで新幹線に乗り
まず神戸へ。
ずっとずっと行きたかった、小磯良平美術館へ行ってきます。

小磯良平は私の一番好きな画家。
子どもが生まれる前から好きで、いつか美術館に行きたいと思っていたのですか、
子育てもあってなかなか自由にならなかったし
場所もビミョーに遠いせいもあって
行けずに今に至ります。
今日、20年以上抱き続けた夢が叶う〜〜\(^_^)/

とても楽しみです♪
| - | 15:18 | comments(2) | - | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS